ホーム > 報・動・力 > 第50回 にぎわいを取り戻せ!屋島活性化のカギは

報・動・力 毎月第3土曜日 深夜0時45分から放送 ~地域を動かす力に~

報道には、人を、街を、社会を動かす力がある─エリアで問題になっていることや地域の人々が悩んでいることから毎回テーマを設定。若い人たちと共に地域の今と未来を考え、エリアの人と人をつなぎ、声を掘り起こし新たなムーブメントを起こす!

報・動・力で『取り上げてほしいこと』『知りたいこと』募集!!

>>詳しくはこちら

ナビゲーター:多賀 公人

岡山県玉野市出身。
KSBスーパーJチャンネルのキャスター
「人と人、地域と地域の懸け橋となりたい。」

写真:多賀 公人

テーマ

2017年5月20日放送

第50回「にぎわいを取り戻せ!屋島活性化のカギは」

高松市有数の観光地「屋島」。
ピーク時には246万人の観光客が訪れましたが、現在は5分の1ほどに落ち込んでいます。
市は2013年に屋島活性化基本構想を策定し、官民が連携して44の施策、事業を実施。今年度以降、多額の公費を投入し、屋島ドライブウェイ無料化、山上拠点施設の整備、新屋島水族館のリニューアルに取り組む方針です。
そこで今、改めて屋島の魅力や、足りないものを検証。地元のボランティアガイドや学生の皆さん、観光の専門家、そして、屋島を愛する人たちに「活性化のカギ」を提言してもらいます。
また、多賀キャスターは長崎を訪問。行政と民間がタッグを組んだ「夜景観光」の成功例からヒントを探りました。

<出演>
多賀公人
辻紗樹(KSBアナウンサー)

元気YASHIMAを創ろう会 会長 岡晃一郎
屋島山上観光協会 会長 森静家
じゃらんリサーチセンター 研究員 森戸香奈子
高松大学 学長 佃昌道
香川大学・高松市観光振興プロジェクトの学生の皆さん
ほか

報・動・力バックナンバー