ホーム > 報・動・力 > 第21回 四国に新幹線は必要か?

報・動・力 毎月第3土曜日 深夜0時45分から放送 ~地域を動かす力に~

報道には、人を、街を、社会を動かす力がある─エリアで問題になっていることや地域の人々が悩んでいることから毎回テーマを設定。若い人たちと共に地域の今と未来を考え、エリアの人と人をつなぎ、声を掘り起こし新たなムーブメントを起こす!

報・動・力で『取り上げてほしいこと』『知りたいこと』募集!!

>>詳しくはこちら

ナビゲーター:多賀 公人

岡山県玉野市出身。
KSBスーパーJチャンネルのキャスター
「人と人、地域と地域の懸け橋となりたい。」

写真:多賀 公人

テーマ

2014年12月20日放送

第21回 四国に新幹線は必要か?

2016年、北海道新幹線が開業する。
これで日本の主要4島の中で新幹線がないのは四国だけに。

そんな中、四国でも行政や経済界が中心となって新幹線実現に向けた動きが加速。

▽想定ルート   松山-高松-徳島、岡山-高知 の2つ
▽総事業費    1兆5700億円
▽見込み利用客  1日 9,000人
⇒試算では「経済効果あり」

新幹線は人口減少、経済衰退が進む地方の起爆剤になるのか?
それとも、地方自治体にとっては負担が大きすぎるのか?
そもそも四国の人は、四国に新幹線を求めているのか?

北海道幹線への取材を通して見えてきた、“新幹線”の功罪とは?

専門家、行政、経済界、そして四国に住む人たちの声を参考に
四国での新幹線の必要性を検証する!

報・動・力バックナンバー