毎週月曜~金曜 夕方6:15~7:00放送

未就学児向けのおもちゃ・絵本が充実!「子育ての駅」で梅雨でもいっぱい遊べる 【岡山県総社市】

 岡山・香川の話題のモノやスポットを紹介する「いまココ!ナビ」。  
梅雨の時季は 子どもと一緒にどこに出かけようか頭を悩ませる方も多いと思います。 
そんな中、室内で子どもたちが全力で楽しめる施設が総社市にあります。 

JR総社駅から歩いて3分 駐車場完備でアクセス良好 

JR総社駅東口から徒歩3分の場所にある「そうじゃ子育ての駅 ほのぼの」は、 総社市で介護施設や保育園などを運営する社会福祉法人「雪舟福祉会」が岡山県立大学と協力して設立しました。 

(社会福祉法人 雪舟福祉会/守安 伸聡 さん) 
「子育て世代がコロナ禍によって孤独や孤立という形になっていますので、少しでも人と関わる場があるといいなと思ってつくりました」 

「おもちゃ遊び」や「絵本」など子どもに合わせた5つのコーナー 

遊べるコーナーは主に5つ。 
滑り台の先に子どもの体が埋まるほどたくさんのボールが入った遊びのコーナーや、ままごとで遊べるコーナー。 

絵本をゆっくり楽しめるコーナーなどが充実しています。 

(保護者) 
「おもちゃがたくさんあるので楽しいです」 
「休みの日に来て安全に遊べて、高額なおもちゃもあるので、ここで遊ばせて気に入ったやつを誕生日プレゼントとかで買おうかなと思います。こういう場所はありがたいです。」 

人気で事前予約制。岡山県立大学の学生もスタッフとして参加 

「そうじゃ子育ての駅 ほのぼの」は完全予約制で、去年10月にオープンして以降、常に満員です。取材した日も、利用対象の就学前の子どもを中心に10組ほどの親子でにぎわっていました。 

(子ども) 
「楽しい ここからジャンプしたり滑り台で遊んだりした」 

施設には保育士だけでなく、岡山県立大学子ども学専攻の学生2人が常駐していて、保育士の卵にとって「学びの場」にもなっています。 

(岡山県立大学 子ども学専攻/4年生 藤本結子さん) 
「大学に入ってから新型コロナで子どもと遊ぶ機会が全然なかったので、貴重な経験をさせていただけていると思います。私も保育士とか幼稚園の先生として働きたいと思っているので安全面とか消毒とか環境の作り方・遊び方とかを見て学んで生かしていきたいです。」 

「そうじゃ子育て駅 ほのぼの」は毎週土曜日と第2・第4日曜日に開いていて、利用料は無料です。
2週間前からインターネットで予約を受け付けています。 

そうじゃ子育ての駅 ほのぼの 

住所
総社市駅前2丁目12-12
営業日
毎週土曜、第2・4日曜 
営業時間
午前10時00分~午前11時30分、午後1時30分~午後3時00分
HP
https://sesshu-fukushikai.or.jp/honobono/
その他

対象:就学前の子どもと保護者 (小学生3年生までの兄弟姉妹の同伴可)
料金:無料 
※事前予約制(上記サイトの予約カレンダーから) 
※風邪症状がある場合はご利用をお控えください。 
※保護者はマスクと靴下を着用してください。 

アクセスランキング