毎週月曜~金曜 夕方6:15~7:00放送

観葉植物のレイアウトや庭づくりのコツは? 大規模園芸店「The PARK」がオープン【高松市鬼無町】

岡山・香川の話題のモノやスポットを紹介する「いまココ!ナビ」。
この春、高松市にオープンした大規模な園芸店を野口真菜アナウンサーが訪ねました。
広い敷地を歩いて回りながら、自宅の庭づくりについて考えることができる提案型の施設です

2023年3月オープン!造園会社が整備した園芸店

(野口真菜アナウンサー)
「すごい!きれい!たくさんのお花が色鮮やかに咲いています! カラフルなお花に囲まれて、風に揺れていい香りがしてきます」

約1600株の植物が植えられたイギリス式の庭園は、 東京のデザイナーが監修しました。

この庭園があるのは、2023年3月に高松市鬼無町にオープンした「The PARK」です。

1929年創業で造園業や公共施設の植栽を手がける高松市の「末澤緑地」が整備した園芸店です。
植木や花、観葉植物など「みどり」をキーワードに多くの人が集まる場所にすることを目指しています。

(部屋の模様替えを計画中のお客さん)
 「初めて観葉植物を買います。店員さんも優しくて、いい雰囲気だなと思いました」

(ガーデニングの植物を買いに来たお客さん)
「いろんなお花とか木があって、結構広い敷地で楽しいなっていう感じがする」

4大スペースのひとつは観葉植物がいっぱい!ベランダ栽培は何がおすすめ?

この施設は、庭園のほか植木畑やイベントスペースなど大きく4つの場所に分かれています。

全体の敷地面積は約5000㎡です。

観葉植物の販売コーナーには約150種類が並んでいます。

ここでは提案型の売り場づくりを目指し、部屋のレイアウトがイメージしやすい展示をしています。

…ということで、造園の国家資格や グリーンアドバイザーの資格を持つ 末澤緑地の社長、末澤里佳さんにおすすめの植物を聞いてみました!

【Q. 高松はマンション建設が相次いでいます。ベランダで育てられる植物は?】

(末澤緑地/末澤 里佳 社長)
「今はキッチンガーデンというのをおすすめしています。育てるのはハーブですね。例えばバジルだったら、ピザの上にのせたい時にちょっとちぎって使ことができます。」

中が仕切られたプランターを用意すれば、ベランダでもいろいろな種類を育てることができます。

(野口真菜アナウンサー)
「この手前にあるレモンもすごく立派ですね」

(末澤緑地/末澤 里佳 社長)
「もう最後のレモンという感じなんですけど、 10月くらいからグリーンレモンができ始めて、その後4月くらいまで黄色いレモンが収穫できます。 今はちょうど花が咲いていい匂いです」

(野口真菜アナウンサー)
「見た目も鮮やかで元気をもらえますし かつ、おいしくいただけるというのは育てがいがありますね」

初心者もチャレンジしやすい、流行のお庭を紹介

続いて野口アナウンサーが質問したのは…

 (野口真菜アナウンサー)
「自分の庭に流行を取り入れたいんですが…」

(末澤緑地/末澤 里佳 社長)
「今ちょっとはやっているのが ロックガーデンのお庭です」

ロックガーデンとは庭の一角などに大きめの石を置いて、そこに高山植物や乾燥に強い植物を配置するスタイルです。比較的手入れが簡単で、ガーデニング初心者でも気軽に始められるため人気があるそうです。

(野口真菜アナウンサー)
「石の無機質な感じと植物のいきいきした感じがすごいかっこいい!」

(末澤緑地/末澤 里佳 社長)
「トゲトゲした感じが ちょい悪みたいでかっこいいクールな感じですよね」

植木の相談やイベントスペースなど、「みどり」でつながる場所を提供

他にも、造園会社の強みを生かして 苗から生産したオリーブを販売したり、植木についての相談を受けたりもしています。

また、「The PARK」では納屋を改修したキッチン付きのスペースがありイベントなどで利用することができます。

春と秋にはイベントを開くなど、植物を中心に人が交流する拠点を目指しているそうです。

(末澤緑地/末澤 里佳 社長)
「地域活性化というところと『みどり』というところを結び付けて、鬼無という場所が発展していければと思っています」

The PARK

住所
高松市鬼無町鬼無104
営業日
水曜・木曜定休、他不定休
営業時間
午前10:00~午後4:00
HP
http://suezawa-ryokuchi.com/

アクセスランキング