Park KSB

最新ニュース

「すてきな思い出を作って」デニムを使ったウエディングドレスがお披露目 岡山・倉敷市

11月25日 18:15

 岡山県倉敷市の結婚式場で25日、地元特産のデニムを使ったドレスがお披露目されました。工夫を凝らした衣装で結婚式を挙げてみませんか?

(記者)
「こちらのドレスは一見、普通のウエディングドレスに見えるんですけれど、実はこちらの『SHIN DENIM』という素材が使われていて、めくってみるとデニム生地が見えるようになっているんです」

 ほんのり透けて見えるデニム生地が「永遠の幸せ」サムシングブルーを思わせてくれるドレス。

 
 倉敷美観地区のウエディングホールでお披露目されたものです。結婚式をプロデュースしているサムシングフォーと、「桃太郎ジーンズ」を展開するジャパンブルーが製作しました。

 デニムを使ったドレスで結婚式をしたいという思いから始まったこの企画。ウエディングドレスをデザインしたのは倉敷市でデザインを学ぶ学生です。

(ウェディングドレスをデザイン/同前早耶花さん)
「1番のこだわりは後ろのバラで、花嫁さんの後ろ姿は1番きれいなのがすてきだなと思って考えました」

 真っ白なドレスにデニムで仕立てたデコレーションフラワーが印象的です。デニム生地には色移りがない特殊な織物「SHIN DENIM」が使われています。

 このほか、全体をデニムで仕上げたカラードレスやタキシードもレンタルしています。このドレスは、倉敷美観地区の「The華紋」で着ることができます。

(サムシングフォー/岸本裕子 社長)
「出来上がりとしてはすごくすてきなものになったのではないかなというふうに思います。地元で育って地元で結婚式をした時の思い出として、しっかりとすてきな思い出を作っていただけたらいいなというふうに思います」

その他のニュース

戻る