ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

新型コロナ禍の街をカラフルに!「大道芸フェスタ」特別開催へ 高松市

2020年09月09日 18:15

 国内外で活躍する大道芸人がパフォーマンスを披露するイベントが10月、高松市で開かれます。2020年は感染症対策のため、例年とは違い観覧人数を制限して開催します。

 「たかまつ大道芸フェスタ」は、高松市などでつくる「ミュージックブルータカマツ実行委員会」が毎年秋に開いていて、2020年は10月10日・11日の2日間開催されます。
 2019年までは商店街など市内の各地でパフォーマンスを行い、誰でも自由に観覧することができましたが、2020年は感染症対策のため観覧人数を制限します。

 対象は香川県在住者に限定。1公演ごとに事前に申し込んだ160人のみが見ることができます。
 応募は22日までホームページのほか、はがきやメール、ファックスでも受け付けています。

(実行委員会/鹿庭弘百 会長)
「(開催について)もうやめちゃうというのは一つの選択ではあったんですけれども、できる範囲のことで旗を降ろさないでやろうと、街を歩く人々もストレスが溜まってらっしゃると思いますので、ちょっとでも街に色というかカラフルな何かを持ち込みたいなという気持ち」

 新型コロナの閉塞感も漂う中…実行委員会の会長を務める鹿庭さんが、今年特にこだわったのは瀬戸内海を背景にした会場です。

(実行委員会/鹿庭弘百 会長)
「サンポートの瀬戸内海を背にしてやるというやり方で、そういう開放的な場所が他の場所にはないので、海風があって、空気も出入りするというところでやってみたいと。高松にしかないあの瀬戸内海のあの場所を利用して最大限できることをやろうと」

 イベントの当日は会場で観覧できない人に向けてオンラインでの配信も予定しています。
 このほか、10月25日には香川県にゆかりのあるアーティストが出演する「高松ミュージックブルーフェス」も開催されます。こちらは9月14日に受付を開始するということです。

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

高校生が挑戦!「番組ロゴ制作」と「ナレーション」

2020年10月29日 18:50

 先日、「黒板アート」の全国大会で、香川県の善通寺第一高校が優秀賞を受賞しました。
 今回、そんな善通寺一高の生徒にKSBの番組タイトルのロゴを黒板アートで描いてもらいました。新型コロナ禍の中、6時間以上かけて描かれた作品は、とても力強いものになりました。

シリーズ

  • 人がニュースになる。ニュースが人を元気にする。
    ローカルには、高い技術や志、強いこだわりを持って活躍している「人」がたくさんいます。
    このシリーズでは、そのような「人」にスポットを当てたグッドニュースを、WEB限定で配信していきます。
  • 高校生と見つける、私たちのSDGs
    企業や団体が進める「SDGs」の取り組みなどを、岡山・香川の高校生が紹介する。「SDGs」によってもたらされる新たな価値を企業や団体が知り、それを高校生が学ぶことにより、私たちが住む岡山・香川がさらに元気になることを目指す。
  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュースを投稿

  • 映像・写真を投稿
  • 情報を投稿

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • 報・動・力
  • KSBニュースView
  • AIニュース