ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

旗揚げから117年、観客の心を揺さぶり続ける「木下大サーカス」 香川との深いつながりをたどる

2019年11月28日 18:15

 10月から8年ぶりに香川県で開かれている木下大サーカス。旗揚げから117年の歴史をたどると香川県とは深いつながりがありました。ゆかりある香川で開く公演への思いや、サーカスを通じて観客に伝えたいことを社長に聞きました。

(記者)
「きょうは平日なんですが、ご覧のように多くの方が訪れています」

 10月から8年ぶりに香川県で公演を開いている木下大サーカス。今回の高松公演の入場者数は、2カ月間で約15万人を見込んでいます。
 木下サーカスの本社は岡山県ですが、実は香川県とも深いつながりがあるんです。

(木下サーカス/木下唯志 社長)
「私の祖父、初代が香川県の丸亀と言いますか、郡家の出身なんですよね」

 香川県で生まれ育ち、23歳の時、岡山県の木下家に養子入りした木下唯助。117年前の1902年、中国の大連で旗揚げした木下サーカスの初代団長です。

 公演の中でもひときわ迫力があるオートバイショー、実は…。

(木下サーカス/木下唯志 社長)
「世界で初めてオートバイの球体のものを創造したのは、実は初代なんですね」

 大きな鉄球の中を縦横無尽に走る3台のオートバイに観客はくぎ付け!香川県出身の初代団長が始めたということもあり、今回の公演の注目ポイントの一つだと言えます。

 サーカスの魅力は「技に挑戦する人間の力」だと、木下社長は話します。
 観客の心を揺さぶる演出をと、常に進化を求めています。

(木下サーカス/木下唯志 社長)
「前と一緒だなではなく、常に切磋琢磨してよりよいものを創造していきたい」

 だからこそ、何度でも見たくなるサーカス。果敢に挑戦する姿で、子どもから大人までを100年以上にわたって魅了し続けています。

(観客はー)
「ライオンが、パチパチしよるところがかわいかった」
「空中ブランコは、すごい迫力があって子どもたちも楽しんでいました」
「(Q.初めて見た?)いえ、何回も。子どもが小さい時とまた30年も経って見ると、考えが違いますね」

(木下サーカス/木下唯志 社長)
「限られた時間の中で、どのように感動というか喜びというか夢とか希望とか情熱というかパッション、それをプレゼントできるか、挑戦する気持ち、そういうものをできたら地元の香川、岡山の皆さんにプレゼントできたらいいなと思っています」

 木下大サーカス高松公演は、12月8日までイオンモール高松の特設会場で開かれています。

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【まちが動く人が動く】高松中央卸売市場の活性化へ 新プロジェクト「子ども食堂」が始動!

2020年10月23日 18:50

 岡山・香川の町の動きや経済についてお伝えする「まちが動く人が動く」です。
 今回は高松市中央卸売市場について取り上げます。高松市中央卸売市場は、今年4月からにぎわい創出のため新しい店舗の誘致などを行っています。2カ月前から市場内で飲食店を始めた男性は10月末、「子ども食堂」を始めます。市場のにぎわいを取り戻すために男性が目指すのは。

シリーズ

  • 人がニュースになる。ニュースが人を元気にする。
    ローカルには、高い技術や志、強いこだわりを持って活躍している「人」がたくさんいます。
    このシリーズでは、そのような「人」にスポットを当てたグッドニュースを、WEB限定で配信していきます。
  • 高校生と見つける、私たちのSDGs
    企業や団体が進める「SDGs」の取り組みなどを、岡山・香川の高校生が紹介する。「SDGs」によってもたらされる新たな価値を企業や団体が知り、それを高校生が学ぶことにより、私たちが住む岡山・香川がさらに元気になることを目指す。
  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュースを投稿

  • 映像・写真を投稿
  • 情報を投稿

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • 報・動・力
  • KSBニュースView
  • AIニュース