ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

「空」からあおり運転を取り締まり 香川県警が初めてヘリとパトカーが連携し、道路を監視

09月20日 18:15

 今、社会問題となっているあおり運転を空から取り締まります。21日から秋の全国交通安全運動が始まることを受けて、香川県警がヘリコプターを使ったあおり運転の取り締まりを初めて行いました。

(記者)
「上空ではヘリコプターが、こちらでは高速警察隊が待機しています、上空と道路上で連携して悪質なあおり運転を取り締まります」

(高速道路交通警察隊ー)
「ただ今から、県警ヘリと連携したあおり運転取り締まりに出発します」

 20日に香川県警のヘリコプター「さぬき」とパトカー5台が連携して、高松市と坂出市の間約20キロメートルの高速道路であおり運転に目を光らせました。

 ヘリは、高度500メートルから600メートルを飛んで機体の下に付いた下に付いたカメラと目視で上空から道路の様子を確認します。
 車間距離を保たない、無理な進路変更、不必要なブレーキなどあおり運転と見られる行為を発見すると高速道路交通警察隊に連絡。パトカーが駆けつけて確認し、検挙します。

 20日の取り締まりであおり運転の検挙はありませんでしたが、スピード違反や通行帯違反などあわせて14件を検挙しました。

(香川県高速道路交通警察/渕猛雄 隊長)
「ヘリに乗って下の車を見ていたら、かなり接近している車を見かけるという情報もございまして、本県でも実施するということで検討させていただいたというところでございます」

 警察によると去年、香川県内の高速道路であおり運転とみなされる車間距離不保持違反で検挙されたのは102人でした。今後もヘリと連携した取り締まりを行い、ドライバーが安全に走行できる道路交通環境を確保したいということです。

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】西日本豪雨からまもなく2年 県内の被災地はどう変化?

2020年07月01日 18:50

 西日本豪雨からまもなく2年です。2018年7月の西日本豪雨で岡山県では61人が死亡、これまでに28人が災害関連死と認定されました。また、行方不明者は3人で今も捜索活動が続いています。

 今回は西日本豪雨をきっかけに変わりつつあるものをご紹介します。県内の被災地は災害に強い街づくりを進めています。一方で、変わらないものも。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュースを投稿

  • 映像・写真を投稿
  • 情報を投稿

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション