ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

視覚障害者をどうサポート?駅での不便さを疑似体験などを通じ学ぶ JR高松駅

05月20日 18:15

 目の不自由な方が駅でどんな不便を感じているかを学びます。視覚障害の疑似体験などを通じ、ホームからの転落防止やサポート方法を学ぶ講座がJR高松駅で行われました。

 視覚障害者で作る福祉協会とJR四国が初めて開きました。参加した12人は、まず視覚障害がある女性から駅を利用する上で苦労する点などを聞きました。

 そして、特殊なゴーグルをつけて券売機や路線図を見たり列車の乗り降りを体験したりしました。

(記者)
「視覚障害の疑似体験ができるゴーグルを付けています。視界が狭くもやがかかっていて色は判別できますが、金額や文字は読み取るのがとても難しいです」

 参加者からは「足元が気になる」、「周りの動きや後ろが怖い」といった声がありました。

(参加者はー)
「自分が体験して、非常にやっぱり不便な感じもよくわかったので、やっぱりこういったところで、いろんなことでお手伝いできたらいいなと思いました」

(視覚障害がある/武田有紀さん)
「声をかけていただくことが、本当に視覚障害の方にとっては安心して外に出られるきっかけになるので、そういう社会になっていただけたらうれしいなと思ってます」

 JR高松駅では、去年12月、視覚障害者がホームから転落し、軽いけがをしました。JR四国などは今年度、同じ講座をあと3回開きます。

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】糖度は19度超え!香川県産の完熟マンゴー 南国に負けない生産者のこだわりは

2020年07月14日 18:50

 今、収穫の最盛期を迎えてる香川県産マンゴー「讃岐おとひめ」。糖度は19度を超えます!国内の有名産地にも負けない甘さのウラには生産者のこだわりがありました。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュースを投稿

  • 映像・写真を投稿
  • 情報を投稿

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション