ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

さぬきこどもの国のプラネタリウムがリニューアル 四国初の投影機に寝転びシートも導入 高松市

04月16日 18:15

 高松市の「さぬきこどもの国」のプラネタリウムがリニューアルし、16日に上映が始まりました。

 高松空港に隣接する「さぬきこどもの国」は来年、開園25周年を迎えます。
 今回、開園当時からあるプラネタリウム設備を一新、超高輝度LEDを採用したプラネタリウム投影機「ケイロンスリー」を四国で初めて導入しました。

(記者)
「こちらが新しく導入された光学式プラネタリウム、ケイロンスリーです。およそ1億個の星が投影できるんです」

 映し出された約1億個の恒星は、それぞれ実際に肉眼で見える色を再現しているそうです。

(観客はー)
「きょうから上映ってことで、楽しみに観に来ましたので、満足しております」
「きょうの星、帰ってちょっと見たいなと思いました」

 キャンプ感覚で、寝転がってプラネタリウムを楽しめる「寝転びシート」も新たに導入されました。1日5回上映され、
料金は大人が500円、高校生が300円、4歳から中学生までは100円です。

(さぬきこどもの国 シアター担当/西山由希子さん)
「星を見るだけでなく、その星1つ1つに意味があって、ちゃんと星座の形に並んでいるんだっていうのが分かれば、本当の星空を眺める機会になるんじゃないかなと思いますので、小さなお子さんから保護者の方たちに、たくさん観てもらえたらうれしいです」

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】西日本豪雨で被災 現実と向き合う写真家 岡山・倉敷市

2020年06月01日 18:50

 倉敷市真備町で数十年にわたって橋の上から写真を撮り続けている男性がいます。多くのものが失われた西日本豪雨から7月で2年。
 仮設住宅での生活、入院と退院、そして家族の死。受け入れがたい現実と向き合いながら前を向く写真家を追いました。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション