毎週月曜~金曜 夕方6:15~7:00放送

「どんどんお店ができて元気な町に」豪雨被害の地で店を始めた人たちの思い【岡山県倉敷市真備町】

岡山・香川の話題のモノやスポットを紹介する「いまココ!ナビ」2018年7月の西日本豪雨で大きな被害を受けた倉敷市真備地区には、地域を盛り上げようという人たちが、続々と新しい店をオープンしています。

2023年3月オープン!愛犬とくつろげるドッグラン併設のカフェ

倉敷市真備町川辺のカフェ。
店内に入ろうとすると、3匹の看板犬が大きな声で出迎えてくれます!

ここは2023年3月にオープンしたドッグカフェ「cafe DOUDOU」です。
店内はイヌをモチーフにしたグッズであふれていて、季節に合わせたフォトスポットもあります。

(cafe DOUDOU/渡辺祐理さん)
「わんちゃんも店内でゆっくりくつろげるっていうのにこだわっています」

店がおすすめしているメニューは「BLTEサンド(ホットサンド)」。
中でもベーコンは香草につけて半月間ほど熟成させ、うまみがギュッと詰まっています。

愛犬が食べられるメニューもあります。
こちらは、ニンジンやコーンなどが入った「わんオムライス」です。

(cafe DOUDOU/渡辺竜也さん)
「わんちゃんにもいろいろな種類のアレルギーがあると思っています。鶏肉や魚とかたくさんの種類のわんちゃんメニューを準備しています。すぐ完食してくれるわんちゃんがたくさんいるのでぜひ連れてきていただけたら」

イヌが大好きな渡辺竜也さん・祐理さん夫婦が始めたカフェ。
2人とも真備地区の出身ではありませんが、西日本豪雨で被害を受けたこの場所に出店したことには理由があります。

(cafe DOUDOU/渡辺祐理さん)
「豪雨の後に復興のためにカフェをつくっている方とかも結構いらっしゃって、その影響を受けて、ぜひここで。また人が戻って来たらいいなという思いもあってここでカフェをすることに決めました」

店から約100m離れた場所にあるドッグランは竜也さんの手作りです。
ここにはかつて動物病院がありましたが、西日本豪雨で被災して、空き地になっていました。
「cafe DOUDOU」は火曜日が定休日で営業時間は午前7時から午後8時まで、ペット連れに関わらず利用することができます。

(cafe DOUDOU/渡辺祐理さん)
「気軽に立ち寄ってわんこと触れ合えるような、店内も小さいのでお話がもっとできるようなお店にしたい」

cafe DOUDOU

住所
倉敷市真備町川辺131-4
電話番号
070-8953-0839
営業日
火曜定休(祝日の場合は営業)
営業時間
午前7時〜午後8時(午後7時ラストオーダー)
HP
https://www.instagram.com/cafedoudou/

ハンドメイド作家の作品がいっぱい! 真備町の雑貨店

続いて紹介するのは、倉敷市真備町尾崎の「ほほえみ雑貨店」です。
店内には、ハンドメイド作家60人の作品が並んでいます。

総社市在住で、自身もハンドメイド作家の坪井ひろみさんが2022年2月に店を構えました。

(ほほえみ雑貨店/坪井ひろみさん)
「被災した後ってほんとに大変な状況だったと思うんですけど、どんどん新しいお店もできて、すごく元気な町だなっていう感じがしています」

真備船穂商工会によりますと、真備地区・船穂地区では合わせて501の事業者が西日本豪雨で被災し、そのうち44の事業者が廃業しました。一方で、倉敷市によりますと2018年7月の豪雨発生から2023年5月末までに少なくとも32の事業者が真備地区で新たに営業を始めました。

「ほほえみ雑貨店」もその1つ。
豪雨で廃業した新聞販売店を改装しました。

(ほほえみ雑貨店/坪井ひろみさん)
「この場所でお店をするので、どのくらいの方に知っていただけるか、来ていただけるか不安でした。真備町にこういうお店ができてうれしいって言ってくださる方もいるので励みになります」

坪井さんは、真備地区以外から訪れる人のために店の周りの飲食店を載せた地図を手作りしました。

また、「店に雑貨を置きたい」というハンドメイド作家からの要望に応えるため、有料で販売スペースを提供しています。

(ほほえみ雑貨店/坪井ひろみさん)
「この店のことを知らない方もたくさんおられるので、たくさんの方に知っていただいて人がにぎわうようなお店になったらいいなと思っています」

ほほえみ雑貨店

住所
岡山県倉敷市真備町尾崎947-2
営業日
木・金・土曜の午前11時~午後3時(変更有)
HP
https://www.instagram.com/hohoemi_zakkaten/
その他

キッズスペース有

アクセスランキング