番組審議会Corporate Profile

第518回 瀬戸内海放送番組審議会

  • 開催日

    • 2021年12月14日(火) 午後3時~午後4時
  • 内容

    • 報告事項
      11月度視聴者応答状況、その他
      審議テーマ
      『テレビ朝日系列 中四国ブロック特別番組「和牛のギュウッと瀬戸内」』2021年11月27日(土)14時00分~14時55分放送
  • 出席委員

    • < 出席委員 >< レポート出席委員 >
      • 藤原 加奈 副委員長
      • 西崎 明文 委員
      • 犬養 拓 委員
      • 木下 幸治 委員
      • 泉谷 麻紀子 委員
      • 琴陵 泰裕 委員
      以上6名
      • 野﨑 泰彦 委員長
      • 本田 晃子 委員
  • 主な意見

    • 『テレビ朝日系列 中四国ブロック特別番組「和牛のギュウッと瀬戸内」』
      • コロナ禍での肉特集はよい企画だ。希少性の高い牛の飼育法や肉の特性が分かりやすく、地元スイーツの紹介もあり内容が充実した番組だった。
      • 山口県の離島の希少な牛は全く知らないものだった。農耕牛が不要になったあとも行政保護によって続いていることを簡潔に示していて参考になった。
      • 外食を控えることが多い昨今、生産者の方々が育てた牛に適正な値段がつかないと聞く。生産コストがかかるだけに、生産者に利益が還元されるようになればいいと思う。
      • 国内における家畜の飼育環境をめぐる問題は深刻で、社会の認知度も低い中、適正な飼育環境がおいしいお肉を生み出すのだということを、社会問題を扱う硬派な番組だけではなく、こういったグルメ番組を通じてもっと発信していくべきだと思う。
      • グルメなのかお笑いなのか中途半端な印象を受けた。グルメ番組もお笑い番組も好きだが、どちらかはっきりしない。生産者や飲食店のこだわりを後押しするという意味では、芸人の立ち位置が難しい。食べ物への思い入れや気持ちが伝わらなくて、グルメ番組としてはもったいない。
      • 若手芸人を売り出したいのかも知れないが、シラケながら見たのが本音。不要な演出をいくつか入れるより、生産者の生の声を細かく紹介してもよかったのではないか。
      • スタジオ内で完結していて芸人やタレントの掛け合いで進行していくのが、少し単調で退屈だった。
      • アンバサダーは若い女性でなくてもいいのではと感じた。若干おじさん目線というか、今後は配慮が必要だと思う。
      • 今回の番組は全国放送で見るような番組。売れている芸人は私の世代でも面白いと思うことがあり、予算的な縛りがあるのは仕方がないと思う。であればそれを逆手に取って、地方だからできる、予算が少なくても親しみを持てるような番組の構成・中身を考えていただければ面白くなるのではないか。

      以上