Park KSB

最新ニュース

視覚障害理由に授業外しは「無効」の判決確定 岡山短大の准教授が訴え

11月30日 18:15

 岡山県倉敷市の短期大学の准教授が「視覚障害を理由に授業から外す命令をしたのは不当な差別」だと訴えた裁判で、最高裁は短大側の上告を棄却し、命令を無効とする判決が確定しました。

 視覚障害がある山口雪子准教授(53)はおととし、勤務する岡山短期大学から「授業中に飲食していた学生を注意できなかったこと」などを理由に、事務職への転換命令を受けました。

 山口准教授はこれが「視覚障害者への不当な差別」だとして、命令撤回などを求める訴えを起こしました。

 1審、2審は「命令に従う義務はない」とする判決を言い渡し、短大側が上告していました。
 そして11月27日、最高裁が上告を棄却し、授業の担当から外した命令は無効とする判決が確定しました。

(山口雪子 准教授)
「いま一番思うのはほっとしています。私の目標は教壇に戻ること、学生たちとの授業の時間を取り戻すことなので本当に戻りたい」

 一方、岡山短大は「コメントできない」としています。

その他のニュース

戻る