ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

特別養護老人ホームで職員が入所者の腹をひもで縛るなどの虐待 職員22人が関与 岡山・勝央町

06月07日 09:24

 岡山県勝央町の特別養護老人ホームで職員が入所者の腹をひもで縛るなどの虐待を行っていたことが分かりました。今年3月、匿名の通報を受けて勝央町が調査した結果、虐待が行われていたことが分かりました。

虐待が行われていたのは特別養護老人ホーム南光荘です。職員22人が虐待に関与していて70代から90代の入所者
11人の腹をひもで縛ったり、部屋に閉じ込めたりしていました。

聞き取りに対して職員は「ズボンの下に手を入れないようにするためだった」などと話しているということです。
この老人ホームを運営している社会福祉法人はすでに入所者や家族に謝罪を行っていて虐待を受けた人で退所者はいないということです。

同法人は中心的に関わっていた職員など4人を今年4月に解雇しました。一方で解雇された元職員は不当解雇だとして
裁判所に労働審判を申し立てているということです。

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

“教育再生”へ 頑張る学校応援事業

2014年11月25日 18:30

教育再生の起爆剤となるでしょうか?今年4月に行われた全国学力テストで、岡山県は小学校が38位、中学校は42位、統計をとり始めた7年前から40位前後で推移しています。また1000人あたりの暴力行為の発生件数は、2010年度から2年連続でワースト1位。昨年度もワースト6位と不名誉な順位です。厳しい現状への打開策として、伊原木知事の肝いりで始まったのが「頑張る学校応援事業」です。課題に取り組み、改善の成果をあげた学校や学区に100万円を交付するという全国初の試み。この政策で、岡山の教育は再生するのでしょうか?

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション