ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

西日本豪雨で被災した人の孤立を防ごう 医療・福祉事業者らが冊子を発行 岡山・倉敷市

2020年07月14日 18:15

 倉敷市真備町で活動する医療・福祉事業者らが13日、西日本豪雨で被災した人の孤立を防ごうと冊子を発行しました。

 医療や高齢者、障害者、児童福祉の事業者などがつくる団体が開いた会見です。

(お互いさま・まびラボ/滝沢達史 代表理事)
「お互いさまセンターという車を使ったお助けするサービスがあることを伝えたい、という思いでこの本を作りました」

 7日に発行されたのは「川と暮らす」と題された58ページの冊子です。

 倉敷市真備町では2018年の西日本豪雨で51人が犠牲になり、そのうち42人は高齢者や障害者など支援が必要な人だったそうです。

 約20の医療・福祉事業者らは、仮設住宅などに暮らす高齢者や障害者や子どもたちの生活を支援しようと2019年5月、一般社団法人を設立しました。

 活動の一つである「お互いさまセンターまび」は15分200円で車を使った移動の手助けなどを行っていて、これまでに約3500件の支援を行いました。

 利用登録している人は約200人で、まだ支援を必要としている人に活動を知ってもらいたいと冊子を発行しました。

(滝沢達史 代表理事)
「1人で孤立して生活しているような方たちもいたり、またそういう方が亡くなってしまったりといったこともありました。困ったら声掛けて、そういう場所があるんだという安心感を持ってもらいたい」

 冊子は、西日本豪雨の被災者を中心に約8000部を配布予定です。

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】岡山名産の桃をモチーフに笛を制作!オカリーナ演奏家の思いとは

2020年08月05日 18:50

 岡山市に住む「オカリーナ」の演奏家が、岡山名産の「桃」をかたどった新しい土笛を製作、7月から市の観光協会を通じて販売を始めました。ユニークな特徴を持つ「もも笛」を作った演奏家の思いを取材しました。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュースを投稿

  • 映像・写真を投稿
  • 情報を投稿

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • 報・動・力
  • KSBニュースView
  • AIニュース