ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

西日本豪雨の被災者が入居している仮設住宅、改修へ 「復興住宅」工事の安全祈願祭 岡山・総社市

2020年05月26日 18:15

 岡山県総社市は、2018年の西日本豪雨の被災者が入居している仮設住宅を改修し、自宅の再建が難しい被災者に「復興住宅」として提供します。26日、工事の安全祈願祭が行われました。

 総社市美袋の昭和仮設団地で行われた安全祈願祭には、総社市の片岡市長や仮設住宅に入居している住民らが出席しました。

 総社市では、2018年の西日本豪雨で昭和地区と下原地区を中心に1141棟の住宅が浸水などの被害を受け、現在、昭和仮設住宅と別の仮設住宅に合わせて22世帯42人が入居しています。
 自宅の再建が難しい入居者が多いため、市は昭和仮設住宅を改修して住宅24戸と集会所を整備します。

(記者)
「工事では、表面が金属でできた板を壁に取り付けます、耐久性や断熱性が高まるということです」

 外壁を改修するほか、住宅の基礎も現在の木組みから安全性の高いコンクリートに変えます。また、浴室の壁も防水性の高い素材に変え、長く住めるようにします。

 昭和地区で生まれ育った大曽根悦子さん(52)は、住んでいた市営住宅が1メートル50センチほど浸水しました。2018年10月から昭和仮設住宅で暮らしていて、復興住宅が完成したら入居する予定です。

(大曽根悦子さん)
「できればこの地区から出ていきたくないと思っていたので、ありがたいです」

 復興住宅の工事は6月上旬から2021年の3月下旬までで、15世帯32人が入居する予定です。

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【解説】新型コロナの影響で受診者が減る「がん検診」 検診の現状と課題は? 岡山

2020年09月17日 18:50

 今年は新型コロナウイルスの影響で、がん検診を受ける人が大きく減っています。岡山県でも4月から7月までの受診者は、例年の約2割まで減りました。
 こうした状況で心配されているのは、がんのリスクが上がることです。早期発見が大切な「がん」。検診の現状と課題に迫ります。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける、私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュースを投稿

  • 映像・写真を投稿
  • 情報を投稿

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • 報・動・力
  • KSBニュースView
  • AIニュース