ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

〈新型コロナ〉文豪・菊池寛も恐れたスペイン風邪 菊池寛記念館でスペイン風邪をテーマに特別展示  高松市

06月03日 17:15

 写真に映るマスクを着けた男性は、高松市出身の文豪・菊池寛です。
 ちょうど100年前に大流行したスペイン風邪にかかることを極度に恐れ、マスクを手放さなかった菊池寛は、その名も「マスク」などスペイン風邪を題材にした3本の小説を残しているんです。

 「父帰る」や「無名作家の日記」など様々な文学作品を世に残した菊池寛。
 高松市の菊池寛記念館では現在、スペイン風邪をテーマにした特別展示を行っています。

 スペイン風邪は1918年から1920年頃にかけて、全世界で約6億人が感染し、日本でも39万人が死亡しました。

 特別展示では、この頃に書かれた「マスク」、「神の如く(ごとく)弱し」、「簡単な死去」の3つの作品を紹介しています。

(記者リポート)
「菊池寛は当時心臓を悪くしていたので、このようにスペイン風邪にかからないようにマスクをしていました。そのため、菊池寛の作品『マスク』も『神の如く弱し』も『簡単な死去』も全て彼の実体験をもとに作られた作品です」

(菊池寛記念館/学芸担当福江成美さん)
「菊池寛は結構おおざっぱな人物のように映るものが多いんですけれども、こちらのスペイン風邪に関しては、かなり菊池寛は神経質な人だなと言われています。

 小説「マスク」の主人公は菊池寛自身。
 ある暑い日にふと恥ずかしくなってマスクを外すと、堂々とマスクをしている男に出会うという話です。

 彼はマスクの着用以外にも、うがいを徹底し、さらに外出も控えてスペイン風邪を予防していたそうです。
 作品からは、当時の社会の変化なども感じることができます。

(来場者はー)
「こういうの見ていると、今と本当変わらないし、やっている予防措置も今も、当時も100年前も全然変わらないということが、ちょっとびっくりしました」

 スペイン風邪を通じて菊池寛の作品や、当時の世相を知ることができる展示会は30日まで開かれる予定です。

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】首里城を救った男「鎌倉芳太郎」 琉球調査の貴重資料を追う 香川

2020年03月31日 18:50

 首里城を救った香川県三木町出身の人間国宝・鎌倉芳太郎。彼が残した琉球調査の資料が今回も首里城の再建に役立つことになります。芳太郎の調査の足跡や彼が残した貴重なノートに迫ります。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション