ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

「優しい気持ちで送って」地元の花で卒業生を笑顔に 西日本豪雨被災者らがスイートピーの花束作り 倉敷市真備町

03月11日 18:15

 2018年、西日本豪雨で被災した倉敷市真備町の中学校の卒業式に向けて被災者らが11日、スイートピーの花束を作りました。

(発案者/木谷倍三さん)
「真備中の生徒が75名、東中の生徒さんが132名。合わせて207名分」

 花束作りは西日本豪雨で被災した会社員の木谷倍三さんが呼び掛けたもので、倉敷市真備町の被災者と支援者約10人が集まりました。

(記者)
「こちらは色とりどりの2000本を超えるスイートピーです。これから10本ずつ束ねて花束にしていきます」

 スイートピーは、真備町の隣にある船穂町で育てられたもので、この企画は地元の花で卒業生を笑顔にしたいという思いで2019年始まりました。

 参加者は思い思いの色を選び、丁寧にラッピングしていました。

(参加者はー)
「卒業するお姉ちゃんたちに優しい気持ちで送ってもらえたらいいなと思って」
(参加した小学生はー)
「ママが花束作るのがあるけん楽しいけん行ってみようやって言ったから。小学生の時にいつも優しくしてくれてありがとうって渡したりしたいな」

 思いが込められた花束は、早速真備中学校と真備東中学校の教員に届けられました。

 卒業式は13日に行われ、真備中学校では式の後に卒業生に花束が贈られます。

(真備中学校/根馬英伸 教頭)
「きれいでしたね。卒業生の喜ぶ顔が目に浮かぶようです」

(木谷倍三さん)
「コロナウイルスにも災害にも負けずに頑張ってほしいです」

〈新型コロナ〉春のセンバツ「中止」 香川・尽誠監督「選手はショックが大きい」
(3月11日 18:15)
〈新型コロナ〉春のセンバツ中止を受け 岡山・倉敷商業の梶山和洋監督「夏の選手権大会に向けて気持ちを切り替えて努力をしたい」
(3月11日 18:15)
〈新型コロナ〉Bリーグが「無観客試合」決定 香川ファイブアローズは14日からの7試合が対象
(3月11日 18:15)
〈新型コロナ〉政府からの増産要請で24時間稼働…マスク製造工場が生産ライン公開 香川・観音寺市
(3月11日 18:15)
〈新型コロナ〉岡山・真庭市の26小中学校が16日から授業と給食を再開へ 隣接する市町村などで感染者なし
(3月11日 18:15)
〈新型コロナ〉香川県で85件のPCR検査実施「全て陰性」 対策会議で報告
(3月11日 18:15)
東日本大震災から9年 犠牲者の冥福を祈って岡山県庁で職員が黙とう
(3月11日 18:15)
「優しい気持ちで送って」地元の花で卒業生を笑顔に 西日本豪雨被災者らがスイートピーの花束作り 倉敷市真備町
(3月11日 18:15)
早春に咲く黄色い花「アブラチャン」 滴で艶やかに輝く姿 岡山・美作市
(3月11日 18:15)
西大寺ー牛窓結ぶ路線バスで乗客と一緒に楽天の荷物を運ぶサービス開始 利用者が少ない赤字路線の維持で 岡山・両備ホールディングス
(3月11日 18:15)
病院などの電話番号を点字で記す「電話帳」 NTT西日本が視覚障害者福祉協会に贈呈 高松市
(3月11日 18:15)
3月14日にダイヤ改正 水族館オープンで全ての「南風」が宇多津駅に停車へ JR四国
(3月11日 16:45)
「東日本大震災の記憶を風化させない」 震災直後の被災地や救助活動を紹介するパネル展 岡山市
(3月11日 11:55)
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】ミカン農家を育てる「未完塾」 家業を継ぐため…男性が東京から香川に移住し奮闘中!

2020年07月07日 18:50

 香川県観音寺市の果樹園では「未完塾」と題して、ミカン農家を目指す人たちの研修を行っています。
 今年の春、この「未完塾」に東京から移住してきた男性が加わりました。独り立ちするために男性は日々いろいろなことを学んでいます。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュースを投稿

  • 映像・写真を投稿
  • 情報を投稿

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション