ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

【全文掲載】ネット・ゲーム依存症対策条例 素案のパブリックコメント始まる 県民と事業者が対象 香川県議会

01月23日 10:00

 香川県議会が検討している「ネット・ゲーム依存症対策条例(仮称)」の素案についてのパブリックコメントが、1月23日に始まりました。対象は香川県民とインターネットやゲームなどの事業者で、募集期間は2月6日までです。

 意見は氏名など必要事項を記入の上、香川県議会事務局政務調査課に、郵送、持参、ファックス、電子メールで提出してください。(電話は不可)
 提出方法は香川県議会のホームページから確認することができます。

~以下、素案全文~

香川県ネット・ゲーム依存症対策条例(仮称)(素案)

 インターネットやコンピュータゲームの過剰な利用は、子どもの学力や体力の低下のみならずひきこもりや睡眠障害、視力障害などの身体的な問題まで引き起こすことなどが指摘されており、世界保健機関において「ゲーム障害」が正式に疾病と認定されたように、今や、国内外で大きな社会問題となっている。とりわけ、射幸性が高いオンラインゲームには終わりがなく、大人よりも理性をつかさどる脳の働きが弱い子どもが依存状態になると、大人の薬物依存と同様に抜け出すことが困難になることが指摘されている。
 その対策としては、国において、他の依存症対策と同様に、法整備の検討や医療提供体制の充実などの対策を早急に講ずる必要があるが、県においても、適切な医療等を提供できる人材などを育成するため、研修体制の構築や専門家の派遣等の支援に取り組むことが求められている。
 加えて、子どものネット・ゲーム依存症対策においては、親子の信頼関係が形成される乳幼児期のみならず、子ども時代が愛情豊かに見守られることで、愛着が安定し、子どもの安心感や自己肯定感を高めることが重要であるとともに、社会全体で子どもがその成長段階において何事にも積極的にチャレンジし、活動の範囲を広げていけるようにネット・ゲーム依存症対策に取り組んでいかなければならない。
 ここに、本県の子どもたちをはじめ、県民をネット・ゲーム依存症から守るための対策を総合的に推進するため、この条例を制定する。

(目的)
第1条 この条例は、ネット・ゲーム依存症対策の推進について、基本理念を定め、及び県、学校等、保護者等の責務等を明らかにするとともに、ネット・ゲーム依存症対策に関する施策の基本となる事項を定めることにより、ネット・ゲーム依存症対策を総合的かつ計画的に推進し、もって次代を担う子どもたちの健やかな成長と、県民が健全に暮らせる社会の実現に寄与することを目的とする。

(定義)
第2条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。
(1)ネット・ゲーム依存症 ネット・ゲームにのめり込むことにより、日常生活又は社会生活に支障が生じている状態をいう。
(2)ネット・ゲーム インターネット及びコンピュータゲームをいう。
(3)オンラインゲーム インターネットなどの通信ネットワークを介して行われるコンピュータゲーム
(4)子ども 18 歳未満の者をいう。
(5)学校等 学校教育法(昭和22 年法律第26 号)第1条に規定する学校(大学を除く。)、児童福祉法(昭和22 年法律第1 6 4号)第39 条第1項に規定する保育所及び就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律(平成18 年法律第77 号)第2条第6項に規定する認定こども園をいう。
(6)スマートフォン等 インターネットを利用して情報を閲覧(視聴を含む。)することができるスマートフォン、パソコン等及びコンピュータゲームをいう。
(7)保護者 親権を行う者若しくは未成年後見人又はこれらに準ずる者をいう。

(基本理念)
第3条 ネット・ゲーム依存症対策は、次に掲げる事項を基本理念として行われなければならない。
(1)ネット・ゲーム依存症の発症、進行及び再発の各段階に応じた防止対策を適切に実施すると
ともに、ネット・ゲーム依存症である者等及びその家族が日常生活及び社会生活を円滑に営むことができるように支援すること。
(2)ネット・ゲーム依存症対策を実施するに当たっては、ネット・ゲーム依存症が、睡眠障害、ひきこもり、注意力の低下等の問題に密接に関連することに鑑み、これらの問題に関する施策との有機的な連携が図られるよう、必要な配慮がなされるものとすること。
(3)ネット・ゲーム依存症対策は、予防から再発の防止まで幅広く対応する必要があることから、県、市町、学校等、保護者、ネット・ゲーム依存症対策に関連する業務に従事する者等が相互に連携を図りながら協力して社会全体で取り組むこと。

(県の責務)
第4条 県は、前条の基本理念にのっとり、ネット・ゲーム依存症対策を総合的に推進する責務を有する。
2 県は、市町が実施する施策を支援するため、情報の提供、技術的助言その他の必要な協力を行う。
3 県は、県民をネット・ゲーム依存症に陥らせないために市町、学校等と連携し、乳幼児期からの子どもと保護者との愛着の形成の重要性について、普及啓発を行う。
4 県は、子どもをネット・ゲーム依存症に陥らせないために屋外での運動、遊び等の重要性に対する親子の理解を深め、健康及び体力づくりの推進に努めるとともに、市町との連携により、子どもが安心して活動できる場所を確保し、さまざまな体験活動や地域の人との交流活動を促進する。

(学校等の責務)
第5条 学校等は、基本理念にのっとり、保護者等と連携して、子どもの健全な成長のために必要な学校生活における規律等を身に付けさせるとともに、子どもの自立心を育成し、心身の調和のとれた発達を図るものとする。
2 学校等は、ネット・ゲームの適正な利用についての各家庭におけるルールづくりの必要性に対する理解が深まるよう、子どもへの指導及び保護者への啓発を行うものとする。
3 学校等は、校内にスマートフォン等を持ち込ませる場合には、その使用について、保護者と連携して適切な指導を行うものとする。
4 学校等は、県又は市町が実施するネット・ゲーム依存症対策に協力するものとする。

(保護者の責務)
第6条 保護者は、子どもをネット・ゲーム依存症から守る第一義的責任を有することを自覚しなければならない。
2 保護者は、乳幼児期から、子どもと向き合う時間を大切にし、子どもの安心感を守り、安定した愛着を育むとともに、学校等と連携して、子どもがネット・ゲーム依存症にならないよう努めなければならない。
3 保護者は、子どものスマートフォン等の使用状況を適切に把握するとともに、フィルタリングソフトウェア(青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律(平成20 年法律第79 号)第2条第9項に規定する青少年有害情報フィルタリングソフトウェアをいう。以下同じ。)の利用その他の方法により、子どものネット・ゲームの利用を適切に管理する責務を有する。

(ネット・ゲーム依存症対策に関連する業務に従事する者の責務)
第7条 医療、保健、福祉、教育その他のネット・ゲーム依存症対策に関連する業務に従事する者は、県又は市町が実施するネット・ゲーム依存症対策に協力し、ネット・ゲーム依存症の予防等(発症、進行及び再発の防止をいう。以下同じ。)に寄与するものとする。

(国との連携等)
第8条 県は、国と連携協力してネット・ゲーム依存症対策の推進を図るとともに、ネット・ゲーム依存症対策に関して必要があると認めるときは、国に対し、他の依存症対策と同様に、法整備や医療提供体制の充実などの必要な施策とともに、ネット・ゲーム依存症の危険要因を踏まえた適切な予防対策の策定及び実施を講ずるよう求める。
2 県は、国に対し、eスポーツの活性化が子どものネット・ゲーム依存症につながることのないよう慎重に取り組むとともに、必要な施策を講ずるよう求める。
3 県は、県民をネット・ゲーム依存症から守るため、国に対し、乳幼児期からの子どもと保護者との愛着の形成や安定した関係の大切さについて啓発するとともに、必要な支援その他必要な施策を講ずるよう求める。

(県民の役割)
第9条 県民は、ネット・ゲーム依存症に関する関心と理解を深め、その予防等に必要な注意を払うものとする。
2 県民は、社会全体で子どもの健やかな成長を支援することの重要性を認識し、県又は市町が実施する施策に協力するものとする。

(市町の役割)
第10 条 市町は、県、学校等、保護者、ネット・ゲーム依存症対策に関連する業務に従事する者等と連携し、ネット・ゲーム依存症対策を推進するものとする。

(事業者の役割)
第11 条 インターネットを利用して情報を閲覧(視聴を含む。)に供する事業又はコンピュータゲームのソフトウエアの開発、製造、提供等の事業を行う者は、その事業活動を行うに当たっては、県民のネット・ゲーム依存症の予防等に配慮するとともに、県又は市町が実施する県民のネット・ゲーム依存症対策に協力するものとする。
2 前項の事業者は、その事業活動を行うに当たって、著しく性的感情を刺激し、甚だしく粗暴性を助長し、又は射幸性が高いオンラインゲームの課金システム等により依存症を進行させる等子どもの福祉を阻害するおそれがあるものについて自主的な規制に努めること等により、県民がネット・ゲーム依存症に陥らないために必要な対策を実施するものとする。
3 特定電気通信役務提供者(特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律(平成13 年法律第137 号)第2条第3号に規定する特定電気通信役務提供者をいう。)及び端末設備の販売又は貸付けを業とする者は、その事業活動を行うに当たって、フィルタリングソフトウェアの活用その他適切な方法により、県民がネット・ゲーム依存症に陥らないために必要な対策を実施するものとする。

(正しい知識の普及啓発等)
第12 条 県は、県民がネット・ゲーム依存症に陥ることを未然に防ぐことができるよう、必要な情報を収集するとともに、オンラインゲームの課金システムその他のネット・ゲームに関する正しい知識の普及啓発及び依存症教育を行う。

(予防対策等の推進)
第13 条 県は、市町、学校等、保護者、ネット・ゲーム依存症対策に関連する業務に従事する者等と連携し、県民がネット・ゲーム依存症に対する理解及びネット・ゲーム依存症の予防等に関する知識を深めるために必要な施策を講ずる。

(医療提供体制の整備)
第14 条 県は、ネット・ゲーム依存症である者等がその状態に応じた適切な医療を受けることができるよう、医療提供体制の整備を図るために必要な施策を講ずる。

(相談支援等)
第15 条 県は、ネット・ゲーム依存症である者等及びその家族に対する相談支援等を推進するために必要な施策を講ずる。

(人材育成の推進)
第16 条 県は、医療、保健、福祉、教育その他のネット・ゲーム依存症対策に関連する業務に従事する者について、ネット・ゲーム依存症に関し十分な知識を有する人材の確保、養成及び資質の向上のために必要な施策を講ずる。

(連携協力体制の整備)
第17 条 県は、第12 条から前条までの施策の効果的な実施を図るため、市町、学校等、保護者、ネット・ゲーム依存症対策に関連する業務に従事する者等の間における連携協力体制の整備を図るために必要な施策を講ずる。

(子どものスマートフォン使用等の制限)
第18 条 保護者は、子どもにスマートフォン等を使用させるに当たっては、子どもの年齢、各家庭の実情等を考慮の上、その使用に伴う危険性及び過度の使用による弊害等について、子どもと話し合い、使用に関するルールづくり及びその見直しを行うものとする。
2  保護者は、前項の場合においては、子どもが睡眠時間を確保し、規則正しい生活習慣を身に付けられるよう、子どものネット・ゲーム依存症につながるようなコンピュータゲームの利用に当たっては、1日当たりの利用時間が60 分まで(学校等の休業日にあっては、90 分まで)の時間を上限とすること及びスマートフォン等の使用に当たっては、義務教育修了前の子どもについては午後9時までに、それ以外の子どもについては午後10 時までに使用をやめることを基準とするとともに、前項のルールを遵守させるよう努めなければならない。
3 保護者は、子どもがネット・ゲーム依存症に陥る危険性があると感じた場合には、速やかに、学校等及びネット・ゲーム依存症対策に関連する業務に従事する者等に相談し、子どもがネット・ゲーム依存症にならないよう努めなければならない。

(財政上の措置)
第19 条 県は、ネット・ゲーム依存症対策を推進するため、必要な財政上の措置を講ずるよう努める。

(実態調査)
第20 条 県は、子どものネット・ゲーム依存症対策を推進するため、この条例施行後3年間は毎年、その後は2年ごとに、本県におけるネット・ゲーム依存の実態に関する調査を行う。

附 則
(施行期日)
1 この条例は、令和2年4月1日から施行する。

(検討)
2 この条例の規定については、この条例の施行後2年を目途として、この条例の施行状況等を勘案し、検討が加えられ、必要があると認められるときは、その結果に基づいて必要な措置が講ぜられるものとする。

岡山県警のインターンシップ 大学生らが鑑識活動など体験 売り手市場で志望者が減少
(2月24日 17:04)
多度津町の合田邸 所有者が町へ寄贈 町並み保存の拠点施設施設として活用を 香川
(2月24日 16:59)
全国初の電子投票条例を廃止へ 2002年から4回実施も事業者の撤退などで 岡山・新見市
(2月24日 14:15)
100日間の荒行終えた僧侶が修行を報告 1日7回水をかぶり食事はかゆと梅干だけ 高松市
(2月24日 14:05)
新型コロナウイルス対策も 高松市でスポーツ健康感謝祭
(2月23日 16:15)
地域の人たちがひな人形を持ち寄る 新見市で哲西きらめきひな祭り
(2月23日 15:47)
「持続可能な開発目標」達成へ 岡山市でSDGsフォーラム
(2月23日 15:09)
男性が道路で倒れて死亡 車から転落か 高松市
(2月23日 11:46)
寿司やラーメン、スイーツなど6000種類 春の北海道物産展にぎわう 高松市
(2月22日 13:38)
全国で初めて連動型火災報知器を導入した商店街で防火訓練 岡山市
(2月22日 11:33)
生産量日本一を誇る愛媛県産の真珠をPR パールフェア 高松市
(2月22日 10:05)
「苦渋の決断」そうじゃ吉備路マラソン中止 規約で参加費を返金できず、エントリー者に参加賞とおわび文書発送へ 岡山・総社市
(2月21日 18:15)
災害時の瀬戸大橋の通行確保を 自衛隊などが震災想定し合同訓練 香川
(2月21日 18:15)
東京オリンピックに備えて 市民の暮らしや経済活動を脅かすサイバーテロを防ぐ協議会 岡山市
(2月21日 18:15)
いよいよJ2開幕!ファジアーノ岡山がホームで練習「開幕戦をいい状態で迎えられる」
(2月21日 18:15)
制限時間は30分!柔らかジューシーな「からあげ」が550円で食べ放題 高松市
(2月21日 18:15)
飲酒運転とながら運転で道路脇の街路樹に衝突 岡山市職員を停職6カ月の懲戒処分
(2月21日 18:14)
おもてなしエピソードを競う「四国おもてなし感激大賞」 三豊市のコミュニティバスが準大賞を受賞 香川
(2月21日 18:14)
黄色と淡いピンクの花の競演 春の訪れ告げるミモザと河津桜が見頃 香川・小豆島
(2月21日 16:45)
両親と住む自宅に放火容疑で41歳男を逮捕 じゅうたんに火をつけ20分後に自ら通報 香川・観音寺市
(2月21日 11:55)
仕事と育児が両立できる職場づくり 岡山県が「おかやま子育て応援宣言企業」を表彰
(2月21日 11:55)
「パワハラをしている」市の職員などへ脅しや叱責か…副市長が市議会議員を告発 香川・丸亀市
(2月20日 18:15)
車体は西日本の海や空をイメージした深みのある紺色 夜行特急列車「WEST EXPRESS 銀河」岡山市でお披露目
(2月20日 18:15)
「水陸両用バギー」運転技術の習得訓練 39の都道府県から消防職員が参加 岡山市
(2月20日 18:15)
女子ホッケーのニュージーランド代表チーム 岡山・赤磐市で東京五輪事前キャンプ実施へ
(2月20日 18:15)
黄金色の小さな花 春を告げる「フクジュソウ」が見頃 岡山・新見市
(2月20日 18:15)
【聖火ランナー企画④】ハンセン病の元患者が車いすでつなぐ“灯” 大衆の前に出る不安も…「ありのままを見て」 香川
(2月20日 18:15)
公園のごみ箱に火をつけ、建物に放火か 作業員の36歳男を逮捕 高松市
(2月20日 18:15)
2月定例岡山市議会が開会 「岡山芸術創造劇場」や岡山駅前広場の整備費など盛り込む
(2月20日 18:15)
“どんぐり君”を見かけたらぜひ…財団らが「緑の募金」への協力を呼び掛け 高松市
(2月20日 16:45)
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
岡山県警のインターンシップ 大学生らが鑑識活動など体験 売り手市場で志望者が減少
(2月24日 17:04)
全国初の電子投票条例を廃止へ 2002年から4回実施も事業者の撤退などで 岡山・新見市
(2月24日 14:15)
地域の人たちがひな人形を持ち寄る 新見市で哲西きらめきひな祭り
(2月23日 15:47)
「持続可能な開発目標」達成へ 岡山市でSDGsフォーラム
(2月23日 15:09)
全国で初めて連動型火災報知器を導入した商店街で防火訓練 岡山市
(2月22日 11:33)
「苦渋の決断」そうじゃ吉備路マラソン中止 規約で参加費を返金できず、エントリー者に参加賞とおわび文書発送へ 岡山・総社市
(2月21日 18:15)
東京オリンピックに備えて 市民の暮らしや経済活動を脅かすサイバーテロを防ぐ協議会 岡山市
(2月21日 18:15)
いよいよJ2開幕!ファジアーノ岡山がホームで練習「開幕戦をいい状態で迎えられる」
(2月21日 18:15)
飲酒運転とながら運転で道路脇の街路樹に衝突 岡山市職員を停職6カ月の懲戒処分
(2月21日 18:14)
仕事と育児が両立できる職場づくり 岡山県が「おかやま子育て応援宣言企業」を表彰
(2月21日 11:55)
車体は西日本の海や空をイメージした深みのある紺色 夜行特急列車「WEST EXPRESS 銀河」岡山市でお披露目
(2月20日 18:15)
「水陸両用バギー」運転技術の習得訓練 39の都道府県から消防職員が参加 岡山市
(2月20日 18:15)
女子ホッケーのニュージーランド代表チーム 岡山・赤磐市で東京五輪事前キャンプ実施へ
(2月20日 18:15)
黄金色の小さな花 春を告げる「フクジュソウ」が見頃 岡山・新見市
(2月20日 18:15)
2月定例岡山市議会が開会 「岡山芸術創造劇場」や岡山駅前広場の整備費など盛り込む
(2月20日 18:15)
多度津町の合田邸 所有者が町へ寄贈 町並み保存の拠点施設施設として活用を 香川
(2月24日 16:59)
100日間の荒行終えた僧侶が修行を報告 1日7回水をかぶり食事はかゆと梅干だけ 高松市
(2月24日 14:05)
新型コロナウイルス対策も 高松市でスポーツ健康感謝祭
(2月23日 16:15)
男性が道路で倒れて死亡 車から転落か 高松市
(2月23日 11:46)
寿司やラーメン、スイーツなど6000種類 春の北海道物産展にぎわう 高松市
(2月22日 13:38)
生産量日本一を誇る愛媛県産の真珠をPR パールフェア 高松市
(2月22日 10:05)
災害時の瀬戸大橋の通行確保を 自衛隊などが震災想定し合同訓練 香川
(2月21日 18:15)
制限時間は30分!柔らかジューシーな「からあげ」が550円で食べ放題 高松市
(2月21日 18:15)
おもてなしエピソードを競う「四国おもてなし感激大賞」 三豊市のコミュニティバスが準大賞を受賞 香川
(2月21日 18:14)
黄色と淡いピンクの花の競演 春の訪れ告げるミモザと河津桜が見頃 香川・小豆島
(2月21日 16:45)
両親と住む自宅に放火容疑で41歳男を逮捕 じゅうたんに火をつけ20分後に自ら通報 香川・観音寺市
(2月21日 11:55)
「パワハラをしている」市の職員などへ脅しや叱責か…副市長が市議会議員を告発 香川・丸亀市
(2月20日 18:15)
【聖火ランナー企画④】ハンセン病の元患者が車いすでつなぐ“灯” 大衆の前に出る不安も…「ありのままを見て」 香川
(2月20日 18:15)
公園のごみ箱に火をつけ、建物に放火か 作業員の36歳男を逮捕 高松市
(2月20日 18:15)
“どんぐり君”を見かけたらぜひ…財団らが「緑の募金」への協力を呼び掛け 高松市
(2月20日 16:45)
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

スマホひとつで旅行計画から移動までをスムーズに…「Horai」アプリ実用化へ実証実験を開始 香川

2020年02月21日 18:50

 瀬戸内の観光スポットやその間の交通手段を一括で予約、管理できるスマートフォン向けアプリ「Horai(ホーライ)」。2020年2月、このアプリの実証実験が始まりました。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

電力使用状況

中国地方

-%

情報提供:中国電力

四国地方

-%

情報提供:四国電力

※平日のみ電気使用状況を更新します。土日祝祭日の更新はございません。

※数値について、データに欠損が発生し一時的に表示できなくなる場合があります。

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション