ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

腸内環境と「町内環境」を見守ります!ヤクルトレディが地域の防犯活動 香川

2019年10月18日 18:15

 防犯に一役買います。乳酸菌飲料ヤクルトの販売スタッフ「ヤクルトレディ」が顧客の家を訪ねる際、特殊詐欺などに注意を呼びかける活動が高松市で始まりました。

 この取り組みは、高松南警察署が香川ヤクルト販売に呼びかけたもので、警察がヤクルトと連携して防犯活動を行うのは香川県で初めてです。名付けて「町内環境見守り活動」。ヤクルトレディが車に乗り込み、いよいよ出発です。

(記者)
「ヤクルトで腸内環境を整え、ヤクルトレディが町内の環境を見守ります」

 ヤクルトレディは得意先の家庭を訪ね、商品と一緒に特殊詐欺被害防止のチラシを手渡しし、注意を呼びかけます。

(活動の様子)
「巧妙化してきとって、電話とかね、直接訪ねて来られる方もいっぱいいらっしゃると思うんで、お母さんも十分にちょっと気をつけていってくださいね」

 香川ヤクルト販売一宮センターで働くヤクルトレディは約1700世帯を受け持っていて、利用者の多くは1人暮らしの高齢者です。

(利用者はー)
「詐欺詐欺言うてテレビやなんか言うから、いつも心にはかけとりますよ。十二分のことをしてくれとる、ありがたいと思ってます」

(香川ヤクルト販売/町田繁 社長)
「体の健康もあるけど、社会の全体の健康っていうのも必要になるので、そういう意味で警察等々と協力することで、社会の、香川全体の元気を守ると」

 ヤクルトは、今後も警察からの情報提供を行うなどして地域の見守り活動を行うということです。

「入ってくれんねやろ」阪神ドラフト1位・創志学園の西投手に矢野監督がラブコール
(10月18日 18:15)
広島から育成3位で指名 香川オリーブガイナーズ2年目の畝章真投手「もっと父に近づきたい」
(10月18日 18:15)
MEGUMIさんが西日本豪雨被災地の小学生と交流 復興へのメッセージ託す 倉敷市真備町
(10月18日 18:15)
これからの水害に備えを…四国の治水事業「予算増額」求め国に提言へ
(10月18日 18:15)
来場者が10万人を突破 3年に1度開かれる現代アートの展覧会「岡山芸術交流」
(10月18日 18:15)
腸内環境と「町内環境」を見守ります!ヤクルトレディが地域の防犯活動 香川
(10月18日 18:15)
明るい光で市民の安全確保へ 中央公園で照明灯の清掃活動 高松市
(10月18日 18:15)
香川県産小麦を使った「うどん」の技能グランプリ 味やコシの強さなど審査
(10月18日 18:15)
生産量日本一!愛媛県産の真珠をPRする展示販売会 総額5億円の品が集結 高松市
(10月18日 18:15)
消費増税に伴う低所得高齢者への「給付金」岡山・香川の6市町で請求書の送付ミス
(10月18日 18:14)
特産の金時いもを丁寧に裏ごし使用 優しい甘さの「アイスロールケーキ」香川・坂出市
(10月18日 18:14)
大学生がソバの実の刈り取り体験 地域の高齢者が鎌を動かすコツを教える 岡山・新見市
(10月18日 16:45)
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【解説】「黒松盆栽」EUへの輸出が解禁…期待と課題は

2020年10月01日 18:50

 高松市が日本一の生産量を誇る松盆栽。このうち最も多く生産されている「黒松」のEUへの輸出が10月1に日解禁されました。これまで輸出解禁に向けて活動を続けてきた高松市や生産者の期待の声、今後の課題についてお伝えします。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける、私たちのSDGs
    企業や団体が進める「SDGs」の取り組みなどを、岡山・香川の高校生が紹介する。「SDGs」によってもたらされる新たな価値を企業や団体が知り、それを高校生が学ぶことにより、私たちが住む岡山・香川がさらに元気になることを目指す。
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュースを投稿

  • 映像・写真を投稿
  • 情報を投稿

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • 報・動・力
  • KSBニュースView
  • AIニュース