ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

豊島事件 産廃撤去から2年…東京で美しい風景の裏にある「歴史」の写真展

06月13日 18:15

 国内最大級といわれた香川県土庄町豊島の産業廃棄物・不法投棄事件は産廃の撤去から2年経ちました。そんな中、東京の写真家が豊島の「過去」と「現在」を見つめた写真展を開いています。

 写真展、「Almost Transparent Island」を開いたのは東京在住の写真家、林田真季さんです。林田さんはこれまで、長崎県の五島列島の風景をまとめるなど、日本の里山や里海をテーマにしたプロジェクトに取り組んできました。

 今回は廃棄物対策豊島住民会議が撮影した、過去の写真と産廃撤去後に林田さんが撮影した写真、合わせて約50枚を展示しています。

 1枚の写真に産廃処分場の「現在」と「過去」を重ね合わせることで、美しい風景の裏側にある「歴史」を表現しています。

(写真家/林田真季さん)
「今回で言うと、過去あったことがあって今の豊島なんで。表側にあるのは私の2017年以降に撮った写真。裏は住民の方々が闘っているときの写真。それが透けて垣間見れるという構成にしています」

 写真展では、豊島住民の戦いの歴史をまとめた年表も掲示しています。

(会場を訪れた人はー)
「(Q.豊島事件のことは?)知らなかったです何も知らないことが多すぎて友人の写真展なんでそれを知るきっかけになりました」
「日本だけでなく、世界中でこういった事があると思います。それを考えさせられるというか」
「ひどいなと思いました。ショックですね」

 写真展初日のこの日は、「豊島事件」などについて本を書いた作家の佐々木良さんと林田さんのトークショーも行われました。

 このほか、会場では無農薬で育てた豊島のレモンを使った「レモンスカッシュ」や海産物を使った料理も提供されました。

(写真家/林田真季さん)
「この豊島事件を通して、アート作品を通して、本当に東京では学べない、いろんなことを学んだので、ここに行くにはおいしいものを食べるとか自然に触れ合うというのもあるけど。『何か学べる島』という位置付けになって、いろんな人に訪れてもらって島の人とも交流したり、豊かな島に本当になればと思います」

 林田真季さんの写真展は、6月23日まで東京都墨田区東向島のギャラリーで開かれています。また、林田さんはこの写真展と同じ手法で編集した「豊島の写真集」も出版しました。

〈新型コロナ〉手術着の不足、第2波への備え…香川県の指定医療機関が直面する問題とは
(5月29日 18:15)
〈新型コロナ〉ジムやこどもの国が再開へ 仕切り設置、利用者制限などで感染対策 香川
(5月29日 18:15)
〈新型コロナ〉「開催なかなか難しい…」大規模イベント施設 6月に再開も予約はゼロ 高松市
(5月29日 18:15)
〈新型コロナ〉高級野菜が需要激減で破棄 「せっかく育てたものを…」苦渋の決断を迫られる生産者 岡山・赤磐市
(5月29日 18:15)
〈新型コロナ〉ガソリンスタンドが飲食店を支援 唐揚げ弁当や天丼などテイクアウト弁当の代行販売 岡山・赤磐市
(5月29日 18:15)
新型コロナの影響で見合わせていた国宝「山鳥毛」の里帰り陳列 今年の秋に開催へ 岡山・瀬戸内市
(5月29日 18:15)
〈新型コロナ〉6月1日に再開へ 岡山城天守閣などで利用者を迎える準備
(5月29日 16:35)
放課後などに小学生を預かる児童クラブのスタッフを募集 岡山市が就職相談会
(5月29日 11:55)
〈新型コロナ〉高速バスで「コロナウイルス追跡システム」を全国初導入 感染者と乗り合わせた場合に連絡 香川
(5月29日 11:55)
〈新型コロナ〉専門業者が飲食店で除菌作業 プロが教える家庭でも行える除菌方法とは? 岡山市
(5月28日 18:15)
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】俳優・石井正則さんが撮るハンセン病療養所の今 強制隔離の記憶を伝える

2020年05月29日 18:50

 俳優、ナレーターとして活躍する石井正則さん。全国のハンセン病療養所をめぐり、大型カメラで療養所の「今」を撮り続けています。そのきっかけになったのが高松市の大島の「強制隔離」の記憶でした。石井さんに活動への思いを聞きました。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション