ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

高松高検の検事長が大学で「刑事司法の課題」語る 客観証拠の比重増す

05月28日 18:15

 刑事司法の課題について理解を深めてもらおうと、高松高等検察庁の検事長が香川大学で講演しました。

 香川大学法学部の学生ら約250人を前に講演したのは、高松高等検察庁の小川新二検事長です。刑事訴訟法の一部改正によって、去年6月から容疑者の身柄が勾留される全ての事件で、国選弁護人をつけることができるようになりました。

 小川検事長は、これによって弁護人の助言を受けた容疑者が「黙秘」などをするケースが増え、話を聞きだすことがこれまで以上に難しくなったと語りました。そのため、科学捜査や防犯カメラの映像など客観的な証拠の比重が増しているそうです。

(小川検事長)
「収集しうる客観証拠を収集して、分析・検討しそれから何が推理できるのかを吟味することが捜査の基本ですが、近年ではその比重や負担が非常に大きくなっている問題があります」

 また、参加した学生からは、導入から10年経った裁判員裁判の公判前整理手続きに関する質問もありました。

(香川大学3年生の質問ー)
「『争点の適切な明確化』という課題が達成されれば、公判前整理手続きも短くなったり改善されたりするんですか」

 裁判員裁判の公判前整理手続きにかかる時間は、2009年の導入時より長期化しています。小川検事長は「検察として、できるだけ分かりやすい証拠構造を示すことが大切」などと話しました。

(香川大学3年)
「いろいろ対策をしていることを直接聞けて良かったです」

(高松高等検察庁/小川新二検事長左)
「検察や刑事司法の実際の状況は学生には分からないと思うので私の話を通して少しでも実感をしていただけたら役に立ったと思います」

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】交通事故が多発する“魔の7歳”…その背景は?

2020年07月10日 18:50

 子どもの交通事故について考えます。
 全国で起きた歩行者の交通事故を統計でみてみると、「7歳」の子どもが突出して多くなっています。なぜ7歳の子どもの事故が多いのか。子どもの行動を分析し、その背景を探ります。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュースを投稿

  • 映像・写真を投稿
  • 情報を投稿

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション