ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

瀬戸内国際芸術祭が開幕 春会期限定の会場「沙弥島」の見所を紹介! 香川

04月26日 18:15

 香川県坂出市の沙弥島は、瀬戸内国際芸術祭2019の春会期限定の会場です。初日から多くのお客さんが訪れました。

(訪れた人はー)
「すごく待ち遠しくて、やっと開幕だなみたいな」
「船に乗らなくても手軽に気軽に行きやすくて、作品も海にすごく近いのできれいでいい」

 沙弥島会場のメイン作品の1つが、過去2回の瀬戸芸で人気を集めた「そらあみ<島巡り>」です。

(石井俊大リポート)
「こちらの作品は、今回で3度目の展示なんですが、与島エリアの島の皆さんが集まる機会を作るために、もう一度1から作り直したものなんです」

 「そらあみ<島巡り>」は、千葉県のアーティスト五十嵐靖晃さんが、瀬戸大橋で繋がる櫃石島、岩黒島、与島。そして今は陸続きの沙弥島、瀬居島で地元の人たちなど254人とともに漁網をつなぎ合わせました。

 縦5メートル、横は60メートル。26日も、多くのお客さんが5色のコントラストと網目越しに見る瀬戸内の風景を満喫していました。

(そらあみ<島巡り>を制作/五十嵐靖晃さん)
「周りの自然の現象とともに(見え方が)変わっていくので何度か足を運んでもらっていろんな風景と『そらあみ』を重ねて見てほしい

(石井俊大リポート)
「こちらの作品、乗って楽しむこともできます。まだ作業中なんですが、作業を見てもらおうというのも、この作品の目的の1つなんです」

 「人が住める船」をコンセプトに作られている作品「ヨタの漂う鬼の家」は、今回が初めて展示されました。大阪府の2人組アーティスト「Yotta」が手がけています。

(Yotta/木崎公隆さん)
「(地元の)皆さんに聞きながら、いろいろ作っている状態なので、それも踏まえて、どんどん出来ていく様子も見ていってほしい」

 春会期中の完成を目指していて、今後、実際に瀬戸内海を航海する予定だということです。

 沙弥島会場では、10組のアーティストの作品が展示されています。瀬戸内国際芸術祭の春会期は5月26日まで、沙弥島を含む8つの島と2つの港で開かれます。

〈新型コロナ〉文豪・菊池寛も恐れたスペイン風邪 記念館で特別展示 高松市
(6月3日 18:15)
〈新型コロナ〉喫煙者が感染した場合、重症化するリスクが高い? 伊原木知事が県医師会と懇談 岡山
(6月3日 18:15)
〈新型コロナ〉影響受けた事業者に休業手当の一部支給する「雇用調整助成金」 岡山市で申請書作成セミナー
(6月3日 18:15)
〈新型コロナ〉メニューは日替わりで1日最大15食 岡山市のカフェが定額給付金10万円を使ってランチの無料提供
(6月3日 18:15)
〈新型コロナ〉見頃迎えた菖蒲園が一般開放中止に…市の職員らが地元の学校などに切り花を配布 香川・坂出市
(6月3日 18:15)
〈新型コロナ〉全日本吹奏楽コンクールが中止 3年連続金賞を受賞した強豪校が次に目指すものとは? 岡山
(6月3日 18:15)
担当していた手術を禁止されるなどして精神的苦痛 岡山済生会総合病院の医師3人が損害賠償求める訴え
(6月3日 18:15)
津山市の主婦が行方不明になった事件から18年 警察が協力呼び掛け 岡山
(6月3日 16:35)
〈新型コロナ〉5月末時点で解雇や雇い止めが136人 香川県などが経済団体に雇用の維持など要請
(6月3日 16:15)
思わず目を奪われる…動物たちの美 画家・猪熊弦一郎ら24人の作品展 高松市
(6月3日 11:55)
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】国内最大級といわれた産廃問題 「公害調停成立」から20年を振り返る 香川・豊島

2020年06月03日 18:50

 あの日から20年が経ちました。国内最大級といわれた香川県土庄町豊島の産廃問題。2000年6月6日、公害調停成立の調印式が行われ、ようやく解決に向けて動き出しました。
 かつてゴミの島といわれた豊島がどう変わったのか取材しました。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション