ホーム >番組審議会 > 第481回 瀬戸内海放送番組審議会

番組審議会

第481回 瀬戸内海放送番組審議会

開催日 2018年4月18日(水) 午後3時~午後4時
内容
報告事項: 3月度視聴者応答状況、その他
審議テーマ: 『報・動・力~つなぐ!巻き込む!クラウドファンディング~』
出席委員
< 出席委員 > < レポート出席委員 >
  • 尾﨑 勝委員長
  • 田代 健副委員長
  • 前田 宗一委員
  • 藤原 加奈委員
  • 野﨑 泰彦
  • 徳永 夕子委員
  • 中村 進委員
  • 君島 浩委員
以上8名
  • 磯打 千雅子委員
主な意見 『報・動・力~つなぐ!巻き込む!クラウドファンディング~』
  • もう少し、一般の方向けに簡潔にクラウドファンディングについての説明があっても良かったのではないか。
  • 事例からメリットは伝わったが、デメリットや危険性についても解説があればよかった。
  • クラウドファンディングが、お金を集めることよりも、それぞれの目的達成のためのマーケティングの手段として活用されていることが分かった。
  • 今、話題のテーマで地域の方が出演し、非常に興味を持って視聴できた。成功例、失敗例が番組中に取り上げられ、良い構成だった。
  • ファイブアローズの試合観戦をした子供たちの目の輝きは、テレビ(映像)でないと伝えることができないと感じた。
  • 地域振興、地方創生の視点から見ると意義があり、KSBが取り上げることがふさわしいテーマだったと思う。視聴率は悪かったようだが、ローカル局の良さを活かした番組で、全体としていい番組だったと思う。
  • クラウドファンディングが悪用されなければいいと感じた。素晴らしい人が利用すればうまくいくと強く感じたが、単に主催者が失敗するというだけではなく、被害者がたくさんではしないか、という危惧も感じた。
  • もう少し、うまくいかなかった事例についても盛り込んでもよかったのではないか。
  • 西野さんの取り組みは、「共有」や「共創」といった新しい社会のあり方をも示唆していると感じた。

以上

印刷する