ホーム >番組審議会 > 第462回 瀬戸内海放送番組審議会

番組審議会

第462回 瀬戸内海放送番組審議会

開催日 2016年5月12日(木)午後3時30分~午後4時30分
内容
報告事項: 4月度視聴者応答状況、その他
審議番組: 「テレメンタリー2016患者は殺人犯になった~香川通り魔殺人 遺族の10年~」
出席委員
< 出席委員 > < レポート出席委員 >
  • 伊賀三千廣委員長
  • 黒瀬仁志委員
  • 濱野暢子委員
  • 榊原 敬委員
  • 田代 健委員
以上5名
  • 尾﨑 勝
  • 武田浩一委員
  • 貝畑雅二委員
  • 尾﨑 茂
主な意見 『テレメンタリー2016患者は殺人犯になった~香川通り魔殺人 遺族の10年~』
  • 全体的に被害者サイドの作りので、どちらかに偏らず作って欲しかった。
  • 地元テレビ局しか撮れない映像があった。受入施設開業反対の意見をもっと知りたかった。
  • 厚生労働省などへの取材を行い、問題を掘り下げ、1つの事件ではなく、社会問題として取り上げた方が良かった。
  • 原告と被告の主張を比べるために図が使用されていたが、余分な情報があり、ここで何を一番伝えたいのかがぼやけてしまったように思う。
  • 問題提起としては良かった。タイトルも良かった。視聴者が考えるには、再犯率、構成率などのデータの情報提供が必要だった。
  • 身近な場所での事件だったが、その後について全く知らなかったので、興味を持って見た。加害者、被害者の話をバランスよく制作して欲しい。
  • その原因は、課題はというような強いメッセージ性が必要だったと思う。
  • 実際に働く医師や看護師の意見を一言でも取り入れていれば、更に深みがあり、問題提議がされた番組になったと思う。
  • 裁判の争点について時間が割かれていたが、一つの事件として終始するのではなく、事件をきっかけに浮き彫りになった課題提起の部分をクローズアップして欲しかった。

以上

印刷する