ホーム >番組審議会 > 第424回 瀬戸内海放送番組審議会

番組審議会

第424回 瀬戸内海放送番組審議会

開催日 平成24年6月25日(水)午後3時~午後4時
内容
報告事項: 6月度視聴者応答状況、その他
審議番組: 『にほん風景遺産-倉敷 白壁の町・暮らし物語-』
平成24年6月30日(土)10:50~11:45放送
出席委員
< 出席委員 > < レポート出席委員 >
  • 佐藤卓志委員長
  • 白川輝行副委員長
  • <li><img src=
  • 貝畑雅二委員
  • 武田浩一委員
  • 別枝 修委員
以上6名
  • 倉田 泰委員
  • 上塩浩子委員
主な意見 『にほん風景遺産-倉敷 白壁の町・暮らし物語-』
平成24年6月30日(土)10:50~11:45放送
  • 白壁倉屋敷の白と黒のトーンを意識したカメラワークがよかった
  • 番組進行役の人選がよく、倉敷の歴史ある街を伝えるのに十分な人員だった
  • 倉敷には昔からよく足を運ぶが、この番組で新しい発見がいくつもあった。よく取材されていると感じた
  • 1時間弱の番組では内容を盛り込みすぎていると感じた。こま数を減らすとゆったりと見られるのではないか
  • 下津井エリアの情報は、他とのバランスを考えると必要ないのでは。入れるなら、それなりの説明が必要
  • 日本の街の再開発のいい例の街。その街がこうして昔ながらの風景をとどめて、人の集まる場所になっているのはすばらしい
  • ナレーションでの映像補足の際にスーパーでも補足情報を入れたほうが情報が伝わりやすいのでは
  • 古民家再生の意図を強く感じた内容であった。昔すみ続ける人の情報をもっと多角的に内容に取り入れてはどうか

以上

印刷する