ホーム >番組審議会 > 第425回 瀬戸内海放送番組審議会

番組審議会

第425回 瀬戸内海放送番組審議会

開催日 平成24年9月19日(水)午後3時~午後4時
内容
報告事項: 7・8月度視聴者応答状況、その他
審議番組: 『第81回系列番組審議会委員代表者会議 討議テーマ案「震災後1年半経った今、あらためて考える震災報道、原発報道について」』
出席委員
< 出席委員 > < レポート出席委員 >
  • 佐藤卓志委員長
  • 白川輝行副委員長
  • <li><img src=
  • 貝畑雅二委員
  • 武田浩一委員
  • 別枝 修委員
以上6名
  • 倉田 泰委員
  • 上塩浩子委員
主な意見 『第81回系列番組審議会委員代表者会議 討議テーマ案「震災後1年半経った今、あらためて考える震災報道、原発報道について」』
  • 「地球レベルで原発をどうするべきか」といった視点での番組つくりにも期待したい。
  • テレビを通じて世の中に発信していくメッセージが、一般市民にとって有益なものとなることを心より願っている
  • 一連のこれらの出来事を「想定外」という言葉で位置付けてしまった。今から考えると大変残念だ。あまり想定外という言葉を安易に使うべきではなかった
  • 全ての局が広く同じ情報を伝えるのではなく、色々な情報の切り口を持って、全国・現地視聴者を分けて必要な情報をながしてはどうか
  • 事故の原因の究明。責任の所在。3つ目に今後のエネルギー政策、この3点を定点観測して報道していってほしい
  • テレビ報道の求められている、即時性とか正確性や公共性とか色々ある。災害についてもこの観点で報道を
  • 単に報道側のスタンスを主張するだけではなく、報道される事実の検証はもちろん、視聴者自らが判断できる十分な材料の提供を望む。
  • 明治時代に残された石碑のように、今後もこの歴史が繰り返されないように、警鐘をならしていくのも報道の大切な仕事

以上

印刷する