ホーム >番組審議会 > 第475回 瀬戸内海放送番組審議会

番組審議会

第475回 瀬戸内海放送番組審議会

開催日 2017年9月6日(水) 午後3時~午後4時
内容
報告事項: 7月度視聴者応答状況、その他
審議テーマ: 『報・動・力 ~岡山・香川をインバウンド大国に~』
出席委員
< 出席委員 > < レポート出席委員 >
  • 伊賀三千廣委員長
  • 尾﨑 勝
  • 榊原 敬委員
  • 濱野 暢子委員
  • 前田 宗一委員
  • 田代 健委員
  • 藤原 加奈委員
  • 野﨑 泰彦
  • 磯打 千雅子委員
  • 徳永 夕子委員
以上10名
  • 尾﨑 茂
主な意見 『報・動・力 ~岡山・香川をインバウンド大国に~』
  • エリアに来ている外国人の生の声には在住者としての意見が多く偏った感じがしたが、受け入れる側の意識を変えるメッセージがあればなお良かった。
  • 面白く拝見した。深夜放送なのがもったいないくらい、テーマとナビゲーターも合っていた。紹介された徳島の事例は、香川にも同じ事例があるので、そちらも紹介して欲しかった。
  • 手際よくまとめている番組だと思ったが、テーマの光の部分だけでなく影の部分に関しても紹介して欲しい。また以前のテーマについての振返りがあるのは素晴らしいと思った。
  • MCの進行やインタビューなど秀逸だった。見やすい番組ではあったが、視聴者に考えさせるような部分が少なく、見た後の印象が薄かった。
  • 日ごろ外国人をご案内する場所が紹介されていたが、番組を見て、改めて地元の、日本の良さを知って、それを提供していかなければと考えさせられた。
  • 香川に比べ岡山の内容が多いと感じたが、楽しく見せてもらった。
  • 興味深いテーマだった。番組テーマは良かったが、出演者の外国人はエリアの生活者であり、旅行者も同じ思いでいるのかについては疑問であった。
  • リピーターも含め何を目的に来たのか、掘り下げが不十分だと思った。前回の振返りの時間を設けるよりも、もう少し今回のテーマに踏み込む時間にして欲しかった。
  • いい内容だったが、まとめがイマイチだった。キーワードになるような言葉が取材した方々からたくさんあったのだが、それを最後に振返るコメントが欲しかった。
  • 自分の海外旅行体験からも、不便を経験しに赴くという人も少なくないはず。インバウンド大国になるために、受け入れ体制を万全に整えることが、果たしていいことなのか、言い切っていいのかと思った。
  • 岡山・香川のどのような魅力が伝わって外国人旅行者の増加に繋がったのかを、もう少し深堀りして欲しかった。そこが更にインバウンドを増やす鍵だと思う。

以上

印刷する