ホーム >番組審議会 > 第468回 瀬戸内海放送番組審議会

番組審議会

第468回 瀬戸内海放送番組審議会

開催日 2016年12月21日(水)午後1時~午後2時
内容
報告事項: 11月度視聴者応答状況、その他
審議番組: 「路面電車のある風景 瀬戸内ちょい鉄ゆらり旅」
出席委員
< 出席委員 > < レポート出席委員 >
  • 伊賀三千廣委員長
  • 尾﨑 勝
  • 榊原 敬委員
  • 田代 健委員
  • 前田宗一委員
  • 藤原加奈委員
以上6名
  • 濱野暢子委員
  • 黒瀬仁志委員
  • 尾﨑 茂
主な意見 『路面電車のある風景 瀬戸内ちょい鉄ゆらり旅』
  • 子どもと一緒に観るには出演者の人選もよく、日常で利用している路面電車の魅力を再確認でき、他の路面電車がある地域に行ってみたくなった。
  • 岡山、高知のパートを挟んで、ダイヤモンドクロスの全貌を最後に持ってくる構成は、無理があったと思う。
  • 岡山、高知の紹介が短かったので、工夫の余地があったと思う。
  • なぜその土地に路面電車が根付いたのかを振返る、まとめの時間が欲しかった。
  • タイトルと内容にズレを感じた。カープ優勝でにぎわう広島など、地域の特徴と魅力を絡めた構成であって欲しかった。
  • オープニング映像が効果的であった。出演者が、制作意図どおりにナビゲートできていたかは疑問だが、エンタメ番組としては良かった。
  • 大衆の感覚に寄り添って、人気芸人などを起用して紹介するというよりも、ひとつ上の感覚で、まじめに紹介して欲しかった。
  • パーツが切れ切れで中途半端に感じた。ローカル色を出していこうとするなら、文化、地域の特徴の色付けが必要だと思った。
  • 出演者が街の人々をうまく引き立てていて、その自然な笑顔に、こちらも一緒になって笑ってしまう和やかな番組だった。

以上

印刷する