災害現場からの映像送信訓練 上空からの映像も迅速に共有 四国地方整備局

災害現場の状況をいち早く共有します。
地震や豪雨災害に備え、現場から速やかに映像を送信する訓練が香川県まんのう町で行われました。

おすすめの記事

大地震や豪雨被災時の衛生環境を守れ! 「災害ごみ」の迅速処理へ、県や自治体が訓練 香川

災害時、信号機が動かなくなったらどうする? 南海トラフ地震を想定、21の警察署で訓練 岡山

西日本豪雨で自宅を失った被災者に向け、災害公営住宅の説明会 岡山・倉敷市

土砂災害に備え情報伝達訓練 5段階の新たな警戒レベルの運用も 香川

雨が増える時期を前に…大規模氾濫に備え対策を協議 香川

「ドクターヘリ導入で救命率が40%上がる」検討委員会が県知事に導入求め提言 香川

解体中の建物を利用し救助訓練!機動隊が鉄筋コンクリート壁に機械で穴開け 香川県警

香川県が新防災情報システム運用へ スマホへの避難呼び掛け“プッシュ通知”など新機能も

洪水時の「緊急避難場所」に真備町の小中学校など5カ所を指定 岡山・倉敷

防災ボランティアの研修会 非常食の炊き出しなど実践的な行動を学ぶ 高松市

「全力で真備の安全を守る」西日本豪雨で浸水した消防署 改修終え業務再開 岡山・倉敷

「文化財防火デー」を前に 総本山善通寺でホースなど消防用設備の点検 香川

災害時の瀬戸大橋の通行確保を 自衛隊などが震災想定し合同訓練 香川

林野火災を想定した消火訓練 650m離れた火災現場へホースをつなぐ 高松市

防火・防災意識を高める消防出初め式 人命救助のデモンストレーションも 岡山市

台風19号被災地での活動を報告 ボランティア不足など課題も 岡山

“豪雨被災地”が“台風被災地”を支援 ボランティア用仮設トイレを長野へ 倉敷市

西日本豪雨の災害公営住宅 真備町の3地区で90戸整備へ 岡山・倉敷市

災害時に施設を避難場所などに活用 香川県が冠婚葬祭業の団体と協定

「より密接に連携を」南海トラフ地震に備え 県や自衛隊、気象台など31機関が訓練 香川県庁

台風や豪雨に備え河川の氾濫に対策を 岡山3大水系ごとに減災対策進める

「ひとつずつ、いいねで確認、火の用心」秋の火災予防運動を前に 岡山市でオープニングセレモニー

信号機が止まったらどうする?規模な災害に備え、岡山県警が交通規制の訓練

南海トラフ巨大地震に備えて 高松市で大規模防災訓練

災害時の救助や物資の運搬を行う 水陸両用バギーが消防局に配備 岡山・倉敷市

岡山・香川の「防災重点ため池」 西日本豪雨受け基準見直しで大幅増

「ちょっと冷たくて味が濃い」 小学校で震度6の地震を想定した避難訓練、給食に非常食

本格的な台風シーズンに備え 岡山県で河川の堤防の安全点検 岡山

北海道・厚真町長が胆振東部地震の経験を語る 「大規模な応援を想定した訓練を」 香川

江戸時代に流行した感染症に対応した看護師の記録も…「災害の記録」を伝える展示会 岡山市

西日本豪雨の復興に向けたシェアオフィス「まびシェア」オープン 倉敷市・真備町

豪雨被害の教訓生かす 土のうを直前配布から定期配布へ 岡山市

四国南海トラフ地震に備えて戦略会議 各機関が「地震臨時情報」への対応など共有 高松市

中四国初 大規模な災害の発生に備え、警察と旅館やホテルが協定 香川・琴平町

新型コロナ感染防止対策を意識した避難所運営訓練 受付時間短縮で3密を防ぐ工夫も 岡山・和気町

西日本豪雨で浸水被害を受けた3市 岡山県と国に河川の治水対策の見直しなど要望

西日本豪雨からまもなく2年 倉敷市・伊東市長が復興や災害対応に取り組む考え語る 岡山

西日本豪雨で被災した建設会社が高校生に講演 生徒たちにも事前の備えの大切さを伝える 岡山・倉敷市

西日本豪雨の教訓を生かす 「住民の避難」を検討する会 岡山・倉敷市

救命活動など円滑化へ「緊急輸送道路計画」見直し 防災拠点を155カ所に増設 香川

土砂災害や風水害などの災害現場の支援に特化 緊急消防援助隊の「土砂・風水害機動支援部隊」が発足 岡山

西日本豪雨から間もなく1年 空から見た倉敷市真備町の今

「減災」を意識!台風近づく中…ホームセンターで人気の対策グッズとは 高松市

西日本豪雨の被災者支援 岡山県が1世帯あたり最大30万円転居費用を助成へ

「防災の日」 南海トラフ巨大地震を想定して住民らが訓練 岡山市

西日本豪雨の仮設住宅 原則2年の入居期間の延長求め、知事が国と協議へ 岡山

障害を持つ人の災害時の避難行動をどうする? 関係者や団体が意見交換 岡山

高松市で最大瞬間風速28.5メートルを観測 強風吹き荒れ各地に影響14人けが

西日本豪雨受けて 小田川と高梁川の合流点付け替え事業 河道を造るための掘削工事が本格的に始まる 岡山・倉敷市

西日本豪雨を受けて倉敷市真備町で進む治水対策工事 小田川流域の自治体トップが視察 岡山

西日本豪雨から1年 倉敷市真備町などで追悼式、参列者が犠牲者の冥福祈る 岡山

地域で防災意識を高めよう「未来の防災グッズ」作りに挑戦 岡山・倉敷市

病院で消防訓練 看護師が消火や患者救出の流れを確認 香川

西日本豪雨で自宅の再建が難しい被災者のための「災害公営住宅」 居住するための抽選会が真備町で行われる 岡山・倉敷市

西日本豪雨の被災者が対象 災害公営住宅の入居申し込みが始まる 岡山・倉敷市

「助けられる命が助けられなかった…」25年前、阪神淡路大震災で活動をした看護師も参加 病院で地震想定の訓練 高松市

熊本・人吉市で水やマスクなど届けるなど支援 倉敷市職員が活動報告 岡山

西日本豪雨における要配慮者の避難行動を検証 声掛けなど対応策を話し合う 岡山・総社市

首里城跡など2019年相次いだ世界文化遺産の火災…文化財防火デー前に消防などが訓練 香川・観音寺市

西日本豪雨の被災者から台風19号の被災地へ「恩返し」 倉敷のNPOが支援物資を持って出発

豪雨災害時の救助活動に…水陸両用車「ARGO」を四国初導入 香川県警

台風シーズンを前に災害訓練 検温や消毒など新型コロナ感染防止策も徹底 香川

地域と防災をテーマにしたワークショップ 危険な場所をひと目で判断できる地図など展示 岡山市

新見市で大雨 浸水被害が相次ぐ 中国自動車道では土砂崩れが発生

災害発生時に防災用ドローンで現場を捜索 警察が民間企業と協力、被災経験生かす 岡山

自分で考え行動する力を身に付ける「防災検定」 岡山市で7歳から65歳までの16人が挑戦

西日本豪雨の被災地で支援活動を続ける災害支援団「ゴリラ」 総社市と災害時の協力協定を結ぶ 岡山

住民の協力で独自の防災マップを 西日本豪雨を受け岡山・和気町が新たに作成へ

〈新型コロナ〉「今、私に必要な『避難』とは?」災害時の避難のあり方を考えるセミナー 香川大学

熊本地震1年 私たちが学ぶべき防災

西日本豪雨を受け河川カメラを増設へ  岡山県

西日本豪雨からまもなく2年 空から見た被災地の復旧と復興 岡山

西日本豪雨を受け高梁川流域4市長らが意見交換「ダムの事前放流の精度高めて」岡山

学校が避難所になったときどうすべき? 高校で教職員対象の講習会 岡山・倉敷市

避難所の感染症対策やペットとの避難、どうする? 岡山市が地域防災計画の修正案を協議

避難情報をいつ・どこに出す?大雨による災害に備え自治体職員が訓練 香川

災害時、避難所で給電機能がある車を活用へ 県と岡山トヨタの販売店が協定

物流のプロに学ぶ「善意」の運搬 大災害に備え訓練 香川県と四国運輸局など

多発する風水害を想定…香川県警が海岸で救助訓練

台風10号 香川の状況(8/15午後5時現在)強風で2人がけが 高潮警戒で避難勧告も

西日本豪雨で浸水被害などをもたらした小田川 水漏れなどを防ぐ本格的な堤防整備始まる 倉敷市真備町

西日本豪雨の住宅再建を支援する「利子補給」制度など提案 岡山県議会

「災害ごみ」の迅速な廃棄処理へ 香川県と16の市や町の職員らが訓練

大雨の影響で新型コロナ感染拡大後初の避難所開設 真備町の住民から不安の声 岡山・倉敷市

西日本豪雨から間もなく1年 石井国土交通大臣が堤防復旧状況など視察 倉敷市真備町

西日本豪雨 1年後に迫る仮設住宅の入居期限 国との延長交渉も選択肢と岡山県知事

空港を災害支援の拠点として活用へ 県が貨物ターミナルの一部借り、物資備蓄や荷さばき 岡山

西日本豪雨を検証するDVDを岡山県知事に贈呈 高梁商工会議所と吉備ケーブルテレビが制作

吉井川水系全体で災害に備えるための行動計画をまとめた「水害タイムライン」 運用が始まる 岡山

新しい防災拠点や交流の場に 「復興防災公園(仮称)」の整備目指し意見交換 岡山・倉敷市真備町

台風10号 岡山の状況(8/15午後5時現在) 強風でけが人や看板の支柱が折れる被害

「誰でもできる防災」で南海トラフ地震に備えよう 小学校で講演会 香川・琴平町

最大で高さ5メートルの地点も 西日本豪雨の被災建物に浸水ライン 倉敷市真備町

熊本豪雨の被災地を支援へ 国際医療ボランティアAMDAと総社市などの支援チームが出発 岡山

津波防災の日にあわせ 香川県庁で課題と対策を確認 1分間の「シェイクアウト」訓練も

浸水被害に土のうで備える 台風接近で高松市が作製場所を開設

災害時、離島での対応をスムーズに 四国電力と海上保安本部が協定

石油コンビナートで大規模な防災訓練 南海トラフ地震を想定 香川・坂出市

瀬戸大橋で列車が止まったら…JR四国が対応訓練 救援列車も出動

西日本豪雨で被災した倉敷市真備町で豪雨後初めての防災訓練

総社市が水難救助用にドローンやFRPボートを導入 「最大限の準備をして雨の季節を迎えたい」 岡山

「議長、出口が開きません」 高松市議会が議場で初の防災訓練

香川県が災害対策本部の運営訓練 市や町からの連絡を待たず 県が自ら情報収集に

洪水が起きたとき、どう避難する? 西日本豪雨で浸水被害を受けた小学校で訓練 岡山・矢掛町

沖縄・首里城の火災を受け 香川県知事が文化財の「防火・防災」徹底を呼びかけ

水害が起きたとき、人の命をどう守る? 若手消防士が水難救助訓練 岡山市

新型コロナ対策を踏まえた避難所の設営どうする? 倉敷市の職員が訓練 岡山

7月の大雨で被害を受けた熊本で支援活動 岡山市の派遣職員が活動を報告

高梁川流域の逃げ遅れゼロ、被害の最小化に向けて 全国初の水害タイムライン運用 岡山・総社市

熊本県などの豪雨被災地に緊急災害対策派遣隊「TEC-FORCE」を派遣 四国地方整備局

国・県・倉敷市が合同で開催 堤防整備に関する住民向けの説明会 倉敷市真備町

デパートなどの防災グッズ特設コーナー 今年は新型コロナなど感染症対策を兼ねた商品も 岡山

台風19号上陸翌日から救助活動を開始 被災地から戻った県警隊員「実際に感じた課題」など報告 香川

西日本豪雨の記憶を風化させないで 岡山市役所で被害などを記録したパネル展

土砂崩れが起きた時、児童をどう避難させる? 岡山市職員らが教員に避難方法を説明

「浮くリュック」など45種類の防災グッズを販売 岡山市のデパートに特設会場

避難中の“3密”回避が課題に JR四国などが巨大地震を想定した訓練

西日本豪雨から2年 倉敷・総社市で追悼式「災害から命を守る備えを未来に」岡山

災害を想定した簡易トイレの設置訓練 岡山市

停電中も給油できるか ガソリンスタンドで災害対応訓練 高松市

西日本豪雨で決壊した小田川 合流地点の付け替え工事が着工…氾濫危険度低下へ 倉敷市

西日本豪雨から1年 大手損保が損害認定や保険金支払いなど被災者対応を振り返る 岡山

水害に備えた救助訓練 水中に沈んだ人を探査装置で探す 岡山・新見市

西日本豪雨で大きな被害が出た小田川周辺 地元の住民が堤防の強化工事を見学 倉敷市真備町

競技を通じて身を守る知恵学ぶ「防災運動会」 高松市で開催

災害時に被災地で重要な役割担う「ボランティア・コーディネーター」の研修会 岡山市

火事が起こったとき初期消火をどうする? 病院や百貨店などが消火技術を競う大会に参加 岡山市

文化財防火デーにあわせ神社で防火訓練 地元消防団員らが連携確認 高松市

1000年に一度の豪雨に備え、浸水想定図の見直しへ 香川は12の河川のうち、8つが未作成

西日本豪雨に伴う仮設住宅の入居期間、1年延長に国が同意 来年1月中旬から手続き開始へ 岡山

西日本豪雨の災害ごみ、岡山県の代行処理完了 搬出する最後のトラックを見送り

浸水や土砂崩れなどの災害情報を確認 真備町でLINEを活用した防災訓練 岡山・倉敷市

阪神・淡路大震災を風化させない 消防隊員が被災状況を撮影した写真を展示 岡山市役所

〈新型コロナ〉避難所の「密」を防げ!水害時などの避難所開設を訓練 香川・宇多津町

大規模な災害が起きた時どう支援? 中国地方5県の職員が訓練 岡山市

西日本豪雨で被災した人の孤立を防ごう 医療・福祉事業者らが冊子を発行 岡山・倉敷市