Park KSB

最新ニュース

「令和」を考案とされる万葉集研究の第一人者、中西進さんが講演会 海に関する歌を紹介 香川・坂出市

2019年11月25日 18:15

 万葉集研究の第一人者で、元号「令和」を考案したとされる中西進さんが、香川県坂出市で講演会を開き、海にまつわる歌を紹介しました。

(中西進さん)
「自らがただ単に見ているだけではなくて、その歴史の中に分け入って全体を考えるということになりますね」

 坂出市の万葉会館で開かれた講演会には約260人が集まり、中西さんの話に耳を傾けました。

 香川県が瀬戸内海に面していることから海の神様である「わたつみ」にまつわる3つの歌を紹介しました。
 中西さんは、万葉集の歌を現代の言葉や状況に例えて説明し、時には冗談を交えて会場の笑いを誘っていました。

(参加者はー)
「改めて古典をもう一度勉強し直して若返りたいなと、中西先生の話を聞いてそう思いました」
「坂出ですから。海のそばに住んでおります者にとって、もう一度海をそばで見直して生きていきたいと思いました。本当に感激いたしました、ありがとうございました」

その他のニュース

戻る