Park KSB

最新ニュース

性別変更巡る最高裁判断 訴えた臼井さんは「憲法違反の疑い」との意見に喜び 岡山

01月25日 18:15

 性別変更には手術が必要とする特例法の規定について、最高裁は「憲法違反の疑いが生じている」と指摘しました。これに対して、訴えた岡山県新庄村の臼井崇来人さん(45)は「理解してもらえた」と話しました。

(性別変更を求めた 臼井崇来人さん(45))
「本当に今までの苦労が報われるような内容だった。きっと次につながる判決だった」

 戸籍上の女性である臼井崇来人さん(45)は、男性への性別変更を求めています。しかし、性同一性障害特例法の規定では性別適合手術を受けないと変更できません。臼井さんはこれが憲法違反にあたると訴えていましたが、最高裁判所は23日付で「現時点で憲法違反とまでは言えない」としました。

 臼井さんは認められなかったことは残念とした上で、裁判官2人が手術なしで認める国が増えていることなどを理由に「憲法違反の疑いが生じている」としたことに「一定の理解を得られた」と話しました。

(性別変更を求めた 臼井崇来人さん(45))
「ぜひ立法府が、今度はこれに対して前向きな法改正をしてほしいと思います」

その他のニュース

戻る