Park KSB

最新ニュース

保育園遊具での女児死亡事故 「事故の発生予見は困難」園長を不起訴処分に 高松地検

2019年01月24日 18:15

 園長を不起訴処分です。2017年4月、善通寺市の保育園で、当時3歳の女の子が首を遊具に挟まれて死亡した事故で、高松地検は保育園の園長を不起訴処分にしました。

 この事故は2017年4月12日、善通寺市の保育園で当時3歳の女の子の首がうんていに挟まって死亡したものです。

 警察は、子どもが遊具を使う際の危険防止措置を怠り、女の子を死亡させたとして47歳の女性園長を業務上過失致死の疑いで書類送検していました。

 高松地方検察庁は「事故の発生を予見することは困難だった」として、園長を嫌疑不十分で不起訴処分にしました。この事故をめぐっては、女の子の両親が保育園などを相手に損害賠償を求め、高松地裁に提訴しています。

その他のニュース

戻る