Park KSB

最新ニュース

酒気帯び運転で事故 介護老人保健施設の生活指導員を逮捕 高松市

12月31日 11:20

 職場で酒を飲んで車を運転し、事故を起こしたとして72歳の男が逮捕されました。

 酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕されたのは、さぬき市鴨部の介護老人保健施設の生活指導員岡田忠文容疑者(72)です。

 警察によりますと岡田容疑者は30日午後6時前、高松市牟礼町の国道で乗用車を運転中信号待ちをしていた軽自動車に追突しました。

 軽自動車に乗っていた2人と岡田容疑者にけがはありませんでした。事故の通報を受けて駆けつけた警察官が岡田容疑者の呼気を調べたところ、基準値を超えるアルコールが検出されたため、現行犯逮捕しました。

 岡田容疑者は、職場で酎ハイを飲んで帰宅する途中だったということです。警察の調べに対し「間違いありません」と容疑を認めています。

その他のニュース

戻る

LINE友だち追加