ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

総社市が水難救助用にドローンやFRPボートを導入 「最大限の準備をして雨の季節を迎えたい」 岡山

06月21日 18:15

 岡山県総社市が、水難救助用に新たに導入したドローンやボートを使った訓練を行いました。

 川で溺れている人にドローンでライフジャケットを届ける訓練です。総社市は6月、水難救助用にドローン2機を導入しました。すかさずボートが救助に向かいます。ジグザグに操縦しているのは障害物をかわすためです。

 訓練には、消防や市の職員など約80人が参加しました。

 人などの熱を感知する赤外線カメラなどを備えたドローンは、1機約400万円です。

(記者)
「増水した高梁川で人が流された想定で上空からドローンが流された人を探しています」

 ドローンの映像がモニターに送られ、見通しが悪い場所で行方不明者を探すのに役立ちます。
 
 また、組み立て式の5人乗りFRPボートを素早く組み立て、浸水した家屋に向かう訓練も行いました。繊維強化プラスチックのFRPは軽くて強度があるため、運びやすく破損しにくい利点があります。FRPボートは1艇約50万円。今回5艇を導入しました。

(見学に来た市民は-)
「真備のこともあったしなあ。(災害が)絶対ないとは言い切れませんものなあ。他人事じゃないんですからなあ。いつかかってくるか(いつ災害が起こるか)分かりませんからなあ。日ごろから気をつけんといけん」

(総社市/片岡聡一 市長)
「最大限の準備をして雨の季節を迎えたいと。どんなことがあったとしても市民を救えるだけの、整えた上で迎えたいと」

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】西日本豪雨で被災 住民の生活再建は今… 岡山

2019年10月17日 18:50

 今回の特集は、西日本豪雨で被災した住民の生活再建についてです。発災から1年3カ月がたちましたが、いまだに被災者の多くは自宅を離れて暮らしています。

 いつ自分の居場所を取り戻すことができるのか。不安を抱えながらも懸命に生きる被災者の姿をお伝えします。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

電力使用状況

中国地方

-%

情報提供:中国電力

四国地方

-%

情報提供:四国電力

※平日のみ電気使用状況を更新します。土日祝祭日の更新はございません。

※数値について、データに欠損が発生し一時的に表示できなくなる場合があります。

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション