ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

「ヤンキー母校に帰る」義家法務副大臣が少年院の少年たちに熱いメッセージ 香川・善通寺市

2020年08月03日 18:15

 テレビドラマ「ヤンキー母校に帰る」のモデルとして知られる義家弘介法務副大臣が、香川県善通寺市の四国少年院を視察しました。

 義家副大臣は、少年院で高等学校教育を提供する機会を作るための検討会を今年6月から立ち上げています。

 四国少年院には8月3日現在、四国4県から送致された少年18人が収容されています。
 副大臣は教室や実習施設などを視察し、教育環境を整備するための工夫や少年たちの進路決定、復学に向けた取り組みについて熱心に質問していました。

(義家弘介 法務副大臣)
「副大臣を務めている私自身の人生の話を正直にした上で、みんなにエールを送りたい」

 視察を終えた後の講演では自らの生い立ちや、若い頃に経験した挫折など自身のエピソードを交えながら「夢は逃げていかない、諦めてはいけない」と少年たちに熱いメッセージを送りました。

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【解説】新型コロナ長期化 発達障害への影響は? 岡山

2020年09月24日 18:50

 新型コロナウイルスの影響が長期化する中、発達障害がある人は「新しい生活」への対応を模索しています。新型コロナウイルスが発達障害にどのような影響を与えるのか?そして私たちができることは。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける、私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュースを投稿

  • 映像・写真を投稿
  • 情報を投稿

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • 報・動・力
  • KSBニュースView
  • AIニュース