ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

ゲーム依存症条例のパブコメ「賛成意見の大半は同じ書式」原本を閲覧した議員が証言 香川

2020年03月27日 18:15

 香川県議会が3月18日に可決した「ネット・ゲーム依存症対策条例」のニュースです。

 条例案について県民や事業者から意見を聞く「パブリックコメント」の原本を閲覧した議員がKSBの取材に応じ、2000を超えるとされた「賛成」意見の大半が同じような書式のものだったと証言しました。

(条例案検討委の委員を務めた/竹本敏信 県議)
「ただ単に『賛成です』『賛同します』次から次にそれが同じものが出てくる。感覚ですけど、7割くらいは(同じものが)あったんじゃないですかね」

 香川県議会で条例案の検討委員会の委員を務めた竹本敏信議員は3月19日、パブリックコメントの「原本」を閲覧しました。

 提出者の氏名や住所は黒塗りでしたが、「賛成します」などの文字はパソコンで書かれ、名前を記入する欄なども同じ様式のものが多かったということです。

(条例案検討委の委員を務めた/竹本敏信 県議)
「証拠があるわけではないので、分かりませんけど、誰かが働きかけて名前を貸してくれとか、そんなことが考えられる」

 条例は、インターネットやゲームの依存症から子どもを守るための対策を定めたもので、3月18日、県議会が賛成多数で可決しました。

 「パブリックコメント」には県民と事業者からあわせて2686件の意見が寄せられましたが、公開されたのは「概要版」のみ。表紙には、提出者の84パーセントにあたる2269件が「賛成」だとする数字を載せていました。

 これに対し、県議会の3つの会派が検討委の大山委員長に意見の「原本」を公開するよう申し入れましたが、閲覧が認められたのは、採決の後。

 しかも、議会事務局の職員は大山委員長の「指示」だとして、閲覧する委員に対し、「情報が漏洩した場合、連帯責任となる」という旨の文書に署名するよう求めたため多くの委員が反発し、申し入れした議員で閲覧したのは竹本議員だけだったそうです。

(条例案検討委の委員を務めた/竹本敏信 県議)
「仮に法的根拠がなくても、連帯責任と言われたときに他の議員には一切迷惑がかからないということで、署名をして閲覧することを決断しました」

 県議会は今回の意見募集で「回答様式は任意」としていて「賛否」も聞いてはいませんでした。

(行政運営に詳しい 香川大学法学部/三野靖 教授)
「(パブリックコメントで)今回のように2700件近く、これはありえない件数です。たぶん全国的にもこんな件数はない。仮にいわゆる動員票的なものが出てきたとしても、それ自体が何か、法的に違法であるとか、手続きとして瑕疵(かし)があるとまでは言い難いと思いますけど、でもそうなると、パブリックコメント自体の趣旨と言いますか、やったことの意味って何だったのかってことが問われますよね」

(条例案検討委の委員を務めた/竹本敏信 県議)
「速やかに議員全員にこの開示をする、そしてご意見をいただく、もう条例は通っていますけど、まずそこをすべきだと。それが議会制民主主義のありかたではないかと思っています」

 KSBの記者もパブリックコメントの原本を情報公開請求していますが「文書が大量で、慎重な審査を要する」として期間を延長する通知が届いています。

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】岡山産ブドウで世界を目指す 自然派ワインを造る醸造家 

2020年10月22日 18:50

 岡山市で自然派ワインを造っている醸造家の話題です。醸造家の夢は岡山産ブドウを使った自然派ワインが世界の市場で認められることです。

 一体どんなワインなのか?夢に向かって挑戦する男性の姿をお伝えします。

シリーズ

  • 人がニュースになる。ニュースが人を元気にする。
    ローカルには、高い技術や志、強いこだわりを持って活躍している「人」がたくさんいます。
    このシリーズでは、そのような「人」にスポットを当てたグッドニュースを、WEB限定で配信していきます。
  • 高校生と見つける、私たちのSDGs
    企業や団体が進める「SDGs」の取り組みなどを、岡山・香川の高校生が紹介する。「SDGs」によってもたらされる新たな価値を企業や団体が知り、それを高校生が学ぶことにより、私たちが住む岡山・香川がさらに元気になることを目指す。
  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュースを投稿

  • 映像・写真を投稿
  • 情報を投稿

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • 報・動・力
  • KSBニュースView
  • AIニュース