ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

J3・カマタマーレ讃岐 高知キャンプが終了「常にゴールを目指す」新戦力が開幕に向けアピール

02月12日 18:15

サッカーJ3・カマタマーレ讃岐のキャンプが11日まで高知県で行われました。3月の開幕に向け、確かな手ごたえを得たようです。

(白戸ゆめのリポート)
「カマタマーレ讃岐の高知キャンプ最終日。天候もよく、ほぼ風も吹いていないまさに絶好のゲーム日和です。始動から1カ月。常にゴールを意識してきた選手たち。その成果はどう表れるのでしょうか?」

 1日から行われていたキャンプの締めくくりは昨シーズン、J3・11位のカターレ富山との練習試合です。

 望月一仁新監督が目指すのは、常にゴールを目指すサッカー。45分、3本の形式で行われた練習試合は1本目からその意識が表れます。
 開始13分、重松がうまくゴール前に運び22歳の新加入、岩本和希。

(新加入/MF 岩本和希 選手[22])
「ボランチではあるんですけど点に絡むのは自分の持ち味なので、きょうみたいに点を自分で取ったりアシストしたり、守備もバランスを見たりとか、しっかりやっていきたい」

 新加入のフォワード、栗田マークアジェイも何度もゴールに迫り、開幕スタメンへアピールしました。

(新加入/FW 栗田マークアジェイ 選手[22])
「惜しいシーンはあったんですけど点は決めていないので、結果にこだわって一試合一試合やっていきたい」

 その後も、18歳のブラウン・ノア・賢信や、17歳の下川太陽がゴールを決めるなど、新加入選手が力を見せました。

(サポーターはー)
「楽しいです、すごく。きびきびとみんな動いているし」
「前にボールをつなげるのが多くて楽しい」
「動きが速いのでワクワクする」

 試合は、3本合わせて5対4で勝利。チームとして確かな手ごたえを得たようです。

(今季から指揮/望月一仁 監督)
「全体の守備の意識の高さと、奪った後の攻撃の速さはかなりできてきた。守備ももっとアグレッシブにいけるようなチームに変えていきたい」

伊方原発で相次いだトラブル 四国電力が原子力規制庁に説明「現時点で原因は不明」
(2月12日 18:15)
新型コロナウイルスの感染拡大でマスク不足が深刻 岡山県が医療機関などに約10万枚のマスクを無償提供
(2月12日 18:15)
「本校舎に戻るのもうれしいけど…」西日本豪雨で被災した箭田小学校の児童 共に過ごした二万小学校の仲間と別れ 倉敷市真備町
(2月12日 18:15)
西日本豪雨を受けて倉敷市真備町で進む治水対策工事 小田川流域の自治体トップが視察 岡山
(2月12日 18:15)
避難情報をいつ・どこに出す?大雨による災害に備え自治体職員が訓練 香川
(2月12日 18:15)
J3・カマタマーレ讃岐 高知キャンプが終了「常にゴールを目指す」新戦力が開幕に向けアピール
(2月12日 18:15)
自動ブレーキや踏み間違い事故防止の機能…「サポカー」の体験試乗会 高松市
(2月12日 18:14)
「およそ3年間、衝動的に盗撮を行った」出勤途中に女性のスカートの中を盗撮 岡山・高梁市の職員を停職5カ月の懲戒処分
(2月12日 18:14)
客の忘れ物のクレジットカードを不正に使用した疑い コンビニのアルバイト店員の男を逮捕 香川
(2月12日 18:14)
公立高校で特別入試始まる 3531人の定員に7167人受験 倍率は2.03倍で過去最低 岡山
(2月12日 16:45)
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】俳優・石井正則さんが撮るハンセン病療養所の今 強制隔離の記憶を伝える

2020年05月29日 18:50

 俳優、ナレーターとして活躍する石井正則さん。全国のハンセン病療養所をめぐり、大型カメラで療養所の「今」を撮り続けています。そのきっかけになったのが高松市の大島の「強制隔離」の記憶でした。石井さんに活動への思いを聞きました。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション