ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

「B29が飛んできた」高松空襲から75年 100歳が語る“忘れられない記憶” 香川

07月03日 18:15

 高松空襲から7月4日で75年です。高松市に住む岩部サダヱさんは75年前、空襲を経験しました。女性は100歳になった今でもB29が飛んでくる光景をはっきりと覚えていました。

 今年3月で100歳になった岩部サダヱさん。75年前、1945年7月4日の未明。地区の救護班だった岩部さんは外で見張りをしていたそうです。

(岩部サダヱさん)
「西のほうに大きなお月さんのような大きな黄色いのが見えたと思ったら、間もなくに来た、B29が飛んできた」
(記者)「逃げた方角はどっちですか」
「東、東や。東に逃げなんだら、西は逃げられんな、なんぼでもB29が飛んできよる。B29、100機やで、それこそもう恐ろしいで、飛行機が上でまいよん(回っている)やから、B29、100機」

 上にはB29が舞い、下には焼夷弾が散らばる中、岩部さんは3キロほど逃げました。そして、川に身を潜めました。

(岩部サダヱさん)
「しばらくしたら、『B29がいんだ(去った)』言うての、警報が鳴っての、『みんないんだぜ、みんな出て来いよー』ってみんな男が言うてな、それが夜明け」

 午前3時前から2時間ほど続いた空襲。116機のB29が24トンの爆弾と809トンの焼夷弾を落としました。
 高松市は中心部の約8割が焼け、1359人が亡くなりました。高松市花園町にあった岩部さんの自宅も焼けました。

(岩部サダヱさん)
「罹災証明しに行ったら、学校の廊下に黒焦げになったような人間や、半分ぐらい死んでもうちょっと生きたような人やら、黒焦げやらいろんな人が廊下や中におるな、その横で罹災証明をする、ほんまにかわいそう、気の毒でな、そんな姿をみとるけん、戦争はするもんでないと思った、そのときにな」

(岩部さんの親族/十河さん)
「毎回同じこと言うから真実なんでしょうね、うろ覚えだったら同じことは言えんから」

 家があった場所を通る度に空襲のことを語るという岩部さん。
 100歳になり忘れることが増えた今でも、あの日の光景は鮮明に覚えています。

(岩部サダヱさん)
「戦争はしたらいかん、戦争のために、男も女もみんな体をめげてしもた(壊れてしまった)、心もめげてしもた、戦争はいかん」

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】競技歴9カ月で挑んだ全国の舞台 チアダンス初心者の「成長」と「後悔」 高松北高校

2020年02月03日 18:50

 2020年1月、全国大会に出場した高松北高校応援部チア。メンバーの1年生・多田友海さんは、高校に入学するまで“踊り”の経験がありませんでした。
 始めて約9カ月…チアダンスにかける高校1年生の姿を取材しました。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュースを投稿

  • 映像・写真を投稿
  • 情報を投稿

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション