ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

高松駅前の公衆トイレに愛称 日立造船が命名権購入 年10万円で来年4月から3年間

2019年12月03日 18:15

 ネーミングライツによって、ある施設の愛称が決まりました。高松市は、市の管理する公衆トイレに愛称を付ける権利「ネーミングライツ」を日立造船が購入すると発表しました。

(記者)
「こちらがその公衆トイレなんですが、場所は、ご覧ください、JR高松駅前にある公衆トイレなんです」

 このトイレの愛称は、2020年4月から「Hitz瀬戸の都トイレ」となります。Hitz(ヒッツ)は日立造船の愛称で、こちらのトイレで同社は、環境美化を呼びかけたいとしています。

 高松市はネーミングライツの活用で新しい財源を確保したいとしており、市の施設では屋島レクザムフィールドに続いて2例目となります。
 命名権料は年間10万円で2020年4月から3年間の契約です。

 また、市では東部運動公園など7つのスポーツ施設や市内6つの図書館すべての命名権を募集することも、12月3日に発表しました。

【解説】オープンから5年でどう変わった?イオンモール岡山
(12月3日 18:50)
日米共同訓練が行われている岡山・奈義町 市民団体が町に対して訓練の受け入れ撤回を訴え
(12月3日 18:15)
高松市も同性カップル「パートナーシップ宣誓制度」 証明書発行し結婚相当の扱い 来年4月から
(12月3日 18:15)
「岡山の全部いいところがはいったカクテル」一杯1000円のうち200円が募金 期間限定のカクテルの提供が岡山市のバーで始まる
(12月3日 18:15)
「過去に例を見ない状況」イノシシ市街地出没で対応確認 高松市や警察が対策連絡会
(12月3日 18:15)
高松駅前の公衆トイレに愛称 日立造船が命名権購入 年10万円で来年4月から3年間
(12月3日 18:15)
「おくやみ窓口」高松市役所に開設 ワンストップで手続き可能に
(12月3日 18:15)
1日約200トンの人工雪作り スキー場で15日のオープンに向けて準備進む 岡山・新見市
(12月3日 18:15)
東京パラ正式種目「ボッチャ」に子どもたちが挑戦 「障がい者の人権に関心を」高松法務局など企画
(12月3日 18:15)
市場で植木のとめ市 門松に飾り付ける千両や南天など約60種類、2600本が並ぶ 岡山市
(12月3日 16:45)
玄関に庵治石とヒノキ…JA香川県ビルが完成 耐震化で建て替え、1月から業務開始
(12月3日 16:45)
「クリスマス電車」が岡山市を走る 大きなリースや窓のアートの電車が東山線で25日まで1日5往復運行
(12月3日 11:55)
2020年の無病息災を祈願 わら長さ8メートル、重さ60キロの大蛇を作る「蛇形祭り」 岡山・新見市
(12月3日 10:55)
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】岡山産ブドウで世界を目指す 自然派ワインを造る醸造家 

2020年10月22日 18:50

 岡山市で自然派ワインを造っている醸造家の話題です。醸造家の夢は岡山産ブドウを使った自然派ワインが世界の市場で認められることです。

 一体どんなワインなのか?夢に向かって挑戦する男性の姿をお伝えします。

シリーズ

  • 人がニュースになる。ニュースが人を元気にする。
    ローカルには、高い技術や志、強いこだわりを持って活躍している「人」がたくさんいます。
    このシリーズでは、そのような「人」にスポットを当てたグッドニュースを、WEB限定で配信していきます。
  • 高校生と見つける、私たちのSDGs
    企業や団体が進める「SDGs」の取り組みなどを、岡山・香川の高校生が紹介する。「SDGs」によってもたらされる新たな価値を企業や団体が知り、それを高校生が学ぶことにより、私たちが住む岡山・香川がさらに元気になることを目指す。
  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュースを投稿

  • 映像・写真を投稿
  • 情報を投稿

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • 報・動・力
  • KSBニュースView
  • AIニュース