ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

サッカーJ3・カマタマーレ讃岐 12月1日にホーム最終戦へ 「サポーターに見せたい景色は勝利のみ」

2019年11月29日 18:15

 サッカーJ3のカマタマーレ讃岐は、12月1日にホーム最終戦を迎えます。ラストを勝利で飾ろうと奮闘する選手たちを取材しました。

 今シーズンからJ3で戦うカマタマーレ讃岐。
 ここまで9勝8分15敗で18チーム中15位と厳しい状況に置かれていて、その要因は、48という失点の多さにあります。

(カマタマーレ讃岐/GK 清水健太 選手)
「失点してしまったのはしょうがないこと。そこからなかなかチームが立て直せないという部分が今の讃岐の弱さでもあると思うので、自分たちで立て直していけるように、チームとして意識していかなければならない」

 ゴールキーパーの清水健太選手(38)は、ここまで32試合全てに出場してきました。
 前節の北九州戦では、自陣内でボールを奪われ失点するなどで4失点。痛いミスが目立ちました。

(カマタマーレ讃岐/竹内彬 キャプテン)
「試合数より少ない失点っていうのが理想で、そんな中大幅に失点をしてしまっているので、全ての面で1年間監督に言われてきたものを、最後のホームの試合で出すだけだと思ってますし」

(白戸ゆめのリポート)
「ホーム最終戦を目前にして、きょうは実践形式での練習が行われています」

 12月1日の相手は、7月のアウェーで、1対5と大敗した八戸。失点0で勝利するためにも、ボールを味方で所持し続ける「ポゼッション」や球際の正確さを意識していきます。

(カマタマーレ讃岐/MF 池谷友喜 選手)
「チームとして裏をもう少し狙っていかないと、相手の矢印がどんどん前に前になってくるので、そこを意識してやっていきたい」

 攻撃面で期待が掛かるのは、副キャプテンも務めるミッドフィルダーの池谷友喜選手(24)です。

(カマタマーレ讃岐/MF 池谷友喜 選手)
「自分にできることは走るであったり、球際の部分であったり、何か人の魂に伝わるプレーっていうのは自分の中で常に意識しているし、それができると僕は思っているので、そういった面をどんどん見せていけたら」

 誰よりもピッチを駆け回り、チームを鼓舞してきた池谷選手。

 9月のアウェー戦で右ひじを負傷し、今シーズンはもう絶望かと思われていましたが、前回のホーム・相模原戦からベンチ入り。
 前節の北九州戦は後半から出場し、シュートも放ちました。

(カマタマーレ讃岐/MF 池谷友喜 選手)
「久々の出場だったが、結果0対4なので、その結果は真摯に受け止めてそこでできなかったこと、できたこともありますし、それを1週間という短い期間だが、しっかり修正してホーム最終戦に必ず勝てるようにやっていきたい」

 今シーズンの集大成を。ホーム最終戦、サポーターに見せたい景色は勝利のみです!

(カマタマーレ讃岐/竹内彬 キャプテン)
「1年間応援してくれたファン、サポーターの方たちにホームで勝って喜んでいただきたい。僕たちもみなさんが喜んでいるスタンドが見たいので、とにかく必死にプレーしたい」

 カマタマーレ讃岐は12月1日、ホーム最終戦で八戸と対戦します。

韓流スターがトークショーやライブで韓国の魅力をPR 政府機関などが開催「相互理解が深めれば」 高松市
(11月29日 18:15)
「ながら運転」12月から厳罰化 ドライバーの意識や企業の対策は? 岡山
(11月29日 18:15)
「東京2020オフィシャルショップ」が高松市にオープン 四国では初めての常設店舗
(11月29日 18:15)
県が児童養護施設などに約1900万円の委託費用“未払い” 児童福祉法改正を見落として… 香川
(11月29日 18:15)
11月29日は「いい服の日」 制服の袖に定期入れを取り付けたユニークな作品も デザインコンクールの受賞作品がお披露目  岡山市
(11月29日 18:15)
サッカーJ3・カマタマーレ讃岐 12月1日にホーム最終戦へ 「サポーターに見せたい景色は勝利のみ」
(11月29日 18:15)
国宝の備前刀「山鳥毛里帰りプロジェクト」 上杉謙信が信仰していたとされる毘沙門天を祭る安養寺、100万円を寄付 岡山・倉敷市
(11月29日 18:15)
小豆島町の住宅で火事、2棟に類焼 室内干しの洗濯物が石油ストーブに落下か 香川
(11月29日 18:14)
冬の高速道路の安全確保へ 12月1日から「雪氷対策期間」 降雪や凍結対策車両の出発式 香川・善通寺市
(11月29日 16:45)
小学校のエアコンの整備費や東京五輪の聖火リレー実施費も 岡山市議会で補正予算などを提案
(11月29日 16:45)
「突然、娘を失った悲しみと怒り」 犯罪被害者と家族の思いを伝えるパネル展 岡山市役所
(11月29日 11:55)
「平和な空を守ってもらいたい」市民団体が訓練中止を訴えるチラシ配布 12月にオスプレイ使った日米共同訓練 香川
(11月29日 11:55)
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】オリーブに魅了され脱サラした男性 こだわりの手法で作り出すオイルとは 高松市

2020年10月28日 18:50

 香川県で「オリーブ」といえば小豆島が有名ですが…今回は高松市でオリーブを栽培する男性を紹介します。取材したのは中濱綾那アナウンサーです。
 高松市でオリーブ園を経営している男性。ちょっと変わった経歴を持つこの男性が、独自の手法で作ったオリーブオイルが今、高く評価されています。

シリーズ

  • 人がニュースになる。ニュースが人を元気にする。
    ローカルには、高い技術や志、強いこだわりを持って活躍している「人」がたくさんいます。
    このシリーズでは、そのような「人」にスポットを当てたグッドニュースを、WEB限定で配信していきます。
  • 高校生と見つける、私たちのSDGs
    企業や団体が進める「SDGs」の取り組みなどを、岡山・香川の高校生が紹介する。「SDGs」によってもたらされる新たな価値を企業や団体が知り、それを高校生が学ぶことにより、私たちが住む岡山・香川がさらに元気になることを目指す。
  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュースを投稿

  • 映像・写真を投稿
  • 情報を投稿

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • 報・動・力
  • KSBニュースView
  • AIニュース