ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

ミッション達成できるかな? プログラミング授業で「せんせいロボット」を動かしてみよう 岡山・瀬戸内市

11月20日 18:15

 来年度から必修になるプログラミング教育に必要な考え方を子どもたちに学んでもらおうと、瀬戸内市の小学校に20日、「せんせいロボット」がやってきました。

 行幸小学校の5年生を対象に行われたプログラミング授業です。電子部品メーカーの岡山村田製作所が、子どもたちにモノを動かす体験から論理的に考える力を身に付けてもらおうと岡山県で初めて行いました。

 教材はダンボールで作られた「せんせいロボット」です。児童が顔を作りロボット役の人がかぶると完成です。

 タブレットから「前に1歩進む」などの命令を組み合わせて送ると、せんせいロボットは中のスマートフォンを見て指示通りに動きます。

 「障害物を乗り越えてゴールまで移動する」など10のミッションが用意され児童はチームに分かれて取り組みました。

 同じミッションでも達成までの組み合わせはさまざまで、中には失敗するチームも。箱を運ぶ以外のミッションもありました。

 他にも「腕立て伏せをする」など、ミッションは複雑になっていき児童はどの順番で動作を組み合わせるか考えながら「せんせいロボット」に指示を送っていました。

(児童はー)
「最初は簡単だと思ったけど実際にやってみるとすごく難しかったです。しゃがんで立ち上がるところとか1マス足りなかった。自分で考えてみんなと協力してやらないといけない(と思った)」

 最後は、チアリーディングのロボットがパフォーマンスを披露しました。センサーで傾きや位置を調整しながら複雑な移動をこなすロボットを児童は夢中で見ていました。

(岡山村田製作所 管理部/角田竜也さん)
「一つ一つの簡単な動作であったとしてもたくさんの命令がなされて、その集合体としていろんな物が動いているといったことを体験して学んでもらえればいいかなと思います」

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】交通事故が多発する“魔の7歳”…その背景は?

2020年07月10日 18:50

 子どもの交通事故について考えます。
 全国で起きた歩行者の交通事故を統計でみてみると、「7歳」の子どもが突出して多くなっています。なぜ7歳の子どもの事故が多いのか。子どもの行動を分析し、その背景を探ります。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュースを投稿

  • 映像・写真を投稿
  • 情報を投稿

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション