ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

競うのは“介護技術”「かがわ介護王座決定戦」 やりがいや自信につなげ、離職率の改善にも一役

2019年11月13日 18:15

 ちょっと変わった「王座決定戦」が13日、高松市で行われました。王座決定戦といってもスポーツやお笑いではなく、今回競ったのは「介護技術」です。この取り組みは離職率の改善にも一役やっているようです。

 今年で6回目となる「かがわ介護王座決定戦」には、香川県の11の施設から33人が出場しました。競技は1チーム3人で行われ、それぞれが入浴、食事、排泄を担当します。

(記者)
「こちらでは入浴介助の審査が行われています。安全だけでなく、丁寧なコミュニケーションや自立支援なども審査のポイントだということです」

 入浴介助は、軽い認知症で右脚に麻痺があり、お風呂が嫌いな女性に入浴してもらうという設定です。
 参加者は、日ごろの経験を生かしながら丁寧な介助を行っていました。

(参加者は―)
「緊張してしまって、覚えていたことができなかったりしたんですけど、自分の納得のいく介護ができました」
「審査員の方が、私の言葉掛けについては非常に良かったと言っていただいたのは、今後も続けていく自信につなげられると思います」

 介護職は「離職率が高い」という印象がありますが、香川県によると、このような取り組みによって県内の「離職率」は昨年度が12.4パーセントと10年前の20.0パーセントから改善されています。
 また、平均勤続年数も昨年度は7.5年と、このイベントが始まった5年前と比べて2年ほど長くなりました。

 このほか、会場では介護ロボットの実演も行われました。最近は介護を受ける人たちの自立を促すものや介助者にかかる負荷を軽減させるものなど、家庭や施設などで役立つ商品の需要が高まっているようです。

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【解説】新型コロナ長期化 発達障害への影響は? 岡山

2020年09月24日 18:50

 新型コロナウイルスの影響が長期化する中、発達障害がある人は「新しい生活」への対応を模索しています。新型コロナウイルスが発達障害にどのような影響を与えるのか?そして私たちができることは。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける、私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュースを投稿

  • 映像・写真を投稿
  • 情報を投稿

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • 報・動・力
  • KSBニュースView
  • AIニュース