ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

坂道もスイスイ!環境と人に優しい乗り物「グリーンスローモビリティ」が粟島・豊島で活躍中 香川

2019年10月24日 18:15

 皆さんは、グリーンスローモビリティを知っていますか?ゴルフ場のカートのような乗り物でゆっくり移動する環境に優しい交通手段です。
 今、香川県三豊市の粟島と土庄町の豊島で実証実験が行われています。

 三豊市沖にある粟島は人口約200人。かつて日本最古の海員養成学校があった船乗りの島として知られています。今年、瀬戸内国際芸術祭に参加しているとあって多くの観光客が訪れています。

 この粟島で、三井物産とヤマハが共同でグリーンスローモビリティの実証実験を行っています。

 三豊市が委託を受け、9月28日から実施、こちらの7人乗りの電気自動車が移動手段です。利用は無料で、三豊市の担当者が運転し、粟島港から約1キロ離れた西浜までの区間を走っています。

 粟島では島民の移動手段が本来の目的ですが、今は瀬戸芸の期間中とあって利用するのはほとんど観光客です。

 グリーンスローモビリティは、環境省や国土交通省が進める環境に優しい交通手段です。
 電動で時速20キロ、観光地や島など地域の特性に応じて実証実験が行われています。

 粟島港から島の反対側に位置する西浜に移動する場合、途中に坂道があり、歩くと15分ほどかかりますが、この車だと3~4分程度で着きます。

(記者)
「非常に音も静かで、乗り心地も悪くありません。そして何よりも、自然の風がすごく心地よいです」

 1回の充電で30キロ走るということですが、土日祝日は充電が追いつかないほど利用が多く好評だということです。

(利用者はー)
「風が涼やかですごく良かったです」
「高齢者の方が気軽に乗って振動も無く、ちょっと買い物にいける。そういった安全安心な乗り物があればと思っているので、とても良い乗り物だ思います」

(三豊市観光交流課/坪井和輝 主任主事)
「まだ実験が始まったばかりで断言することは難しいとは思いますが、個人的には、やはりこういった粟島のような島の新しい交通手段として活用ができればいいと思います」

 一方、豊島は観光客の利用が主な目的で民間業者に委託しています。
 有料で貸し出しをしていて現在、4人乗りの車が3台あります。

 この実証実験は粟島、豊島ともに瀬戸芸の秋会期が終わる11月4日まで行われる予定です。

台風19号上陸翌日から救助活動を開始…被災地から戻った県警隊員「実際に感じた課題」など報告 香川
(10月24日 18:15)
香川県知事と高松市長がトップ会談 「災害対策」や「四国新幹線」などについて意見交換
(10月24日 18:15)
北の海の幸、山の幸がギュウッ 十勝和牛と白老牛のステーキが一度に味わえる弁当や「いかめし弁当」も 北海道の物産展始まる 天満屋岡山店
(10月24日 18:15)
「ベビーサイン」知っていますか? 言葉を話す前の赤ちゃんとコミュニケーションを取る育児法を親子で学ぶ 岡山・倉敷市
(10月24日 18:15)
9日間かけて焼き上げた「白備前」 来年の干支ネズミの置物の窯出し 岡山・備前市
(10月24日 18:15)
坂道もスイスイ!環境と人に優しい乗り物「グリーンスローモビリティ」が粟島・豊島で活躍中 香川
(10月24日 18:15)
「その書き込み大丈夫?」 高校生がSNSへの書き込み方について犯罪にあたることあたらないことの境界線学ぶ 岡山市
(10月24日 18:15)
子育てと仕事の両立をどうする? 子育て中の女性の就職活動を支援するイベントで相談ブースも 岡山市
(10月24日 16:45)
これまでの経験活かした支援を…台風19号の被災地・福島へ 香川県が職員を派遣
(10月24日 11:55)
「素早く活動しないといけない」 鳥インフルエンザを想定した防疫訓練 岡山・新見市
(10月24日 11:55)
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】元アスリートの女性が宮司を目指す!由緒ある神社で日々修行中 香川・坂出市

2020年07月30日 18:50

 香川県坂出市の神谷神社の本殿は、今から約800年前の鎌倉初期に建てられました。当時の建築様式で現存する建造物としては日本で最も古く、1955年には国宝に指定されました。
 この由緒ある神社の宮司を目指して、元アスリートの女性が修業を続けています。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュースを投稿

  • 映像・写真を投稿
  • 情報を投稿

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • 報・動・力
  • KSBニュースView
  • AIニュース