ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

西日本豪雨の被災者から台風19号の被災地へ「恩返し」 岡山・倉敷のNPOが支援物資を持って出発

10月21日 18:15

 被災地から被災地を支援します。去年の西日本豪雨で被災した岡山の人たちからの支援物資を持って、倉敷市のNPO法人が20日、台風19号の被災地へ出発しました。

 茨城や長野へ向かったのは、倉敷市真備町で西日本豪雨の復興支援に取り組んでいるNPO法人「災害支援団ゴリラ」です。
 去年の豪雨の際に全国から受けた支援への恩返しをしようという取り組みです。

 災害支援団ゴリラは、台風19号の被災地への支援を10月13日からSNSなどで呼び掛けていました。
 そして、西日本豪雨で被害を受けた倉敷市真備町や総社市の約300人から支援物資が集まりました。

(記者)
「倉敷市真備町の方々からは、被災時に必要だったティッシュや生理用品など日用品が多く集まっています」

 避難所での寒さ対策として毛布も多く集まりました。
 真備町特産のタケノコや、「一緒に頑張りましょう」などと書かれた手紙も寄せられました。

(西日本豪雨の被災者はー)
「私も被災したので、そのときにボランティアでたくさんの方がいろんな県から来て助けてくれて、今回のようなことがあったときに、代表して行ってくださる方に託せるのはありがたい」

 集まった支援物資は当初、乗用車で運ぶ予定でしたが、その量は予想を大きく上回る8トンとなりました。
 そこで、倉敷市の企業がトラック2台を提供し、物資の大半を積み込むことができました。

(災害支援団Gorilla/茅野匠 代表)
「何点も何十点もいろんなものが持ち寄られてきて本当にありがたい。現場の最前線で直接支援団体として差し伸べれる手だけは精いっぱい伸ばして、みんなでつながりのある支援をしたいと思う」

 災害支援団ゴリラは、茨城県常陸太田市や福島県、長野県で、11月中旬まで支援物資の配布や炊き出しを行う予定です。

「2020 夏季岡山県高等学校野球大会」が7月18日開幕 ベンチ入りは25人に
(6月4日 18:15)
〈新型コロナ〉あなたの“行きつけ”を応援しよう!飲食店で前売りチケット販売プロジェクト 高松市
(6月4日 18:15)
〈新型コロナ〉予防と経済の再生へ「宣言」 全国知事会で各知事が地域への影響など説明 岡山・香川
(6月4日 18:15)
〈新型コロナ〉「うんとこしょ、どっこいしょ」園児がじゃがいも収穫 登園自粛が明け久しぶりの体験学習 高松市
(6月4日 18:15)
吉本興業と玉野市が競輪場が舞台の映画製作 監督や出演者はこれから決定、地元のエキストラも募集 岡山
(6月4日 18:15)
〈新型コロナ〉自分以外「誰もいない展覧会」今こそ1人でのんびりと… 高松市
(6月4日 18:15)
〈新型コロナ〉三本松ロイヤルホテルが閉館へ「需要の回復が見込めない」 香川・東かがわ市
(6月4日 18:15)
遠い南極を身近に感じよう 中学校で昭和基地と衛星回線を結んだ特別授業 岡山・新見市
(6月4日 16:35)
岡山県警の警部補が車検切れの車で通勤 上司が車検証のコピーの改ざんに気付き不正が発覚 書類送検を検討
(6月4日 11:55)
〈新型コロナ〉香川県知事「国が示す『屋内イベントの制限』について指摘」 全国知事会議
(6月4日 11:55)
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】国内最大級といわれた産廃問題 「公害調停成立」から20年を振り返る 香川・豊島

2020年06月03日 18:50

 あの日から20年が経ちました。国内最大級といわれた香川県土庄町豊島の産廃問題。2000年6月6日、公害調停成立の調印式が行われ、ようやく解決に向けて動き出しました。
 かつてゴミの島といわれた豊島がどう変わったのか取材しました。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション