ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

〈新型コロナ〉テーマは「せとうちの元気を贈ろう」 天満屋岡山店がお中元ギフトセンター開設 

06月05日 16:35

 経済活動が少しずつ再開し、お中元の季節になりました。岡山市のデパートにギフトセンターが5日、開設されました。

 天満屋岡山店でお中元の早期受注会が始まりました。

(天満屋岡山店/難波康彦 店長)
「地域の方に元気になっていただく。そしてわれわれの品物を届けて少しでも元気をお届けしたい」

 2020年のテーマは「せとうちの元気を贈ろう」。新型コロナウイルスの影響を受けた瀬戸内の特産品をPRするため、生産者のおすすめポイントが書かれたパネルを初めて設置しました。

 岡山理科大学で養殖されたウナギの御膳や、瀬戸内海で取れたクルマエビのみそ漬けなど約1400点の商品が並んでいます。

(お客さんはー)
「やっぱり岡山の名産を主体にして、果物を主体にして贈りたいです」

 天満屋岡山店のお中元ギフトセンターは、7月21日まで開設されます。

 一方、外出を自粛する人が多い中、ネット販売では2019年の10パーセント増の売り上げを見込んでいます。

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】 イ草文化後世に 95歳織機職人の挑戦 岡山

2019年09月12日 18:50

 今回の特集はイ草文化を後世に伝える95歳です。花ござなどのイ草製品を織る「自動織機」。

 岡山県倉敷市の95歳の織機職人が、半世紀以上前に自身が世に送り出した自動織機の復元に取り組んでいます。廃れつつあるイ草文化を後世に残したいと願う、95歳の挑戦です。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション