ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

お菓子な生き物を鑑賞しよう 工芸菓子でカクレクマノミやメジロなどを再現した展覧会 岡山市

08月22日 18:15

 生き物の姿を工芸菓子で再現した展示会が、岡山市で開かれています。

(記者)
「いましたいました、葉っぱの影、目が今にもギョロギョロと動きそうですね」

 アラビア半島に分布するエボシカメレオン。烏帽子のような頭の突起が特徴です。

 和菓子の製造・販売を行う源吉兆庵が企画した展示会には、工芸菓子の職人が白餡や米粉で作った100種類以上の動物や植物が展示されています。

 バサバサした羽のこちらはニュージーランドの飛べない鳥キーウィ。形の似た果物のキウイが名の由来ですが、質感はまるで違います。

(記者)
「こちらのカワセミ魚捕まえてますね。捕まえたぞーって得意気な顔してますね」

 美しい羽のカワセミは、清流の宝石とも呼ばれています。泳ぐ魚をキャッチして捕食します。光沢あるクチバシの再現にもこだわっています。

 カキの実をついばむ愛らしい野鳥はメジロ。甘いカキの実はメジロの大好物です。

 ふだん目にするありふれた光景を、生き生きと再現しています。

(記者)
「おお憧れの、南の海が」

 カラフルな熱帯の魚たちも見られます。

 ふくれっ面のかわいい魚はコンゴウフグ。砂底からニョキリと現れたチンアナゴは水族館の人気者です。

 また、突き出た口がユーモラスなクギベラのオスや、イソギンチャクと共生するカクレクマノミが泳いでいます。

(記者)
「このイセエビバキバキっと割って食べたら、おいしそうな甲殻類の質感がでてますね。蒸して食べたいです」

 とにかくリアル。会場には家族連れも多くお菓子の生き物たちに見入っていました。

(訪れた人はー)
「カワセミがカエルを狙ってそうなところとか、食べるのかどうか分からないんですけど」
(Q.のぞき込んでましたよね)
「はい」

Q.良かったのは?
「スズメが羽を開いているところ」
「1個1個、羽をつけてるところが良かった」

 この展示会は8月29日まで、岡山市の吉兆庵美術館で開かれています。

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】首里城を救った男「鎌倉芳太郎」 琉球調査の貴重資料を追う 香川

2020年03月31日 18:50

 首里城を救った香川県三木町出身の人間国宝・鎌倉芳太郎。彼が残した琉球調査の資料が今回も首里城の再建に役立つことになります。芳太郎の調査の足跡や彼が残した貴重なノートに迫ります。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

電力使用状況

中国地方

-%

情報提供:中国電力

四国地方

-%

情報提供:四国電力

※平日のみ電気使用状況を更新します。土日祝祭日の更新はございません。

※数値について、データに欠損が発生し一時的に表示できなくなる場合があります。

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション