ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

GPSを使って自動で田植え 労働時間の短縮へ「スマート農業」の実証実験 岡山・真庭市

06月04日 18:15

 岡山県真庭市で、自動田植え機などを使ったスマート農業の実証実験が始まりました。労働時間の短縮にもつながります。

 真庭市の農事組合「寄江原(よりえばら)」で始まったロボット技術やAIなどを活用した、「スマート農業」の実証実験です。お披露目会には岡山県や真庭市の職員、地元の農家などが集まりました。

(記者)
「自動田植え機ではこのように手を離していてもまっすぐ前に進んでくれるんです。初心者でも簡単に田植えをすることができます」

 自動田植え機は、GPSを搭載し位置情報で真っすぐ進みます。さらに、苗の間隔もキープします。農家の減少や高齢化による
人手不足の課題を作業の効率化により解消することが期待されます。

(地元農家は-)
「これがもう次世代の農業じゃな。もう農業するもんがおらんなっとるけんな、こういう機械に頼ってやるよりほかに方法がないかもしれんな」
「担い手の方がやっていく上で自動化、ITの農業いうのは不可欠になるんじゃろうと思います」

 真庭市の太田昇市長も自動田植え機を体験しました。

(真庭市/太田昇 市長)
「運転していないという感じ非常に快適ですし、農業が楽しくなると思います」

 真庭市は農林水産省が実施する、「スマート農業技術の開発実証プロジェクト」に採択されました。

 自動田植え機のほかにも、1ヘクタール約10分で農薬をまくことができる散布用ドローンや斜面に立つことなく操作できるラジコン草刈り機、スマホで水の量を管理できるシステムなどを活用します。

 こうしたスマート農機の活用で労働時間の26パーセント削減と、穫量の13パーセント向上を目指します。

(太田昇 市長)
「若い人が農業に入ってくる魅力、そういう場に必ずなると確信しています」

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】92歳の挑戦 世界的な彫刻家、速水史朗さんの魅力に迫る

2019年11月19日 18:50

 世界的な彫刻家、速水史朗さんが東京・銀座で個展を開きました。92歳の速水さんは作品への意欲は衰えていません。個展を通じて速水さんの魅力に迫りました。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

電力使用状況

中国地方

-%

情報提供:中国電力

四国地方

-%

情報提供:四国電力

※平日のみ電気使用状況を更新します。土日祝祭日の更新はございません。

※数値について、データに欠損が発生し一時的に表示できなくなる場合があります。

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション