ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

裁判員制度が始まって10年 裁判官と裁判員経験者が語る 香川大学

05月21日 18:15

 21日で裁判員制度が始まって10年となりました。裁判員制度について理解を深めてもらおうと、20日、高松地方裁判所の裁判官と裁判員に参加した人が、香川大学で経験を語りました。

(高松地裁/三上孝浩 裁判官)
「私たち、皆さんが裁判員(制度)をつないでいっていただければと思います」

 香川大学で講演したのは、高松地裁の三上孝浩裁判官と、裁判員を経験した30代と40代の男女3人です。講演には香川大学の学生ら約250人が集まりました。

 裁判員制度は、殺人や放火などの重い罪に問われる刑事裁判が対象で、審理に国民が参加するものです。21日で導入から10年を迎えました。

 高松地裁では去年までに116件の裁判員裁判を扱い、636人が裁判員として参加しました。出席率の低下が全国的に課題となっていて、去年、裁判員を辞退する人の割合が過去最高の67%となっています。

(記者)
「年々、出席率が低下しているということでした。裁判員を経験された皆さん、もし2回目があるとしたら出席されたいかどうか教えてください」
(30代男性)
「選ばれたからには、役割を全うしたい」
(40代女性)
「2回目をさせていただく自信は、ないかと思ったりもした」

 他にも裁判員を経験した人たちは、「丁寧な説明で理解しやすかった」「話しやすい雰囲気で意見しやすかった」などと参加した感想を話していました。

(香川大学法学部1年生)
「実際に行かれた人の話を聞いて。こんなに行きやすいところなんだと思った」

(香川大学法学部3年性)
「(制度に参加するために)仕事を休みにくいとか、大学生が経済的に困っている状況を社会から変えていかないといけないと思う」

(高松地裁/三上孝浩 裁判官)
「国民市民が参加することは、とても意義のあることだと思うので、この後もずっと続いてほしい」

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】新型コロナに負けない!武将の子孫が「戦国まつり」開催へ準備 香川

2020年05月22日 18:50

 戦国武将の子孫の男性が進めている「戦国祭り」。2019年に香川で初めて開かれ、今年はその輪を県内外に広めようと、春から夏に様々なイベントを予定していましたが、新型コロナウイルスの影響で相次いで中止になりました。そんな中、新しい方法で甲冑作りの講座を始めるなど未来を見据えた取り組みが始まりました。

 坂出市教育委員会では、お家で作る甲冑講座の参加者を現在も募集しています。
〈問い合わせ〉0877-44-5036(坂出市教委文化振興課 担当:十河)

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション