ホーム > ニュース

ニュース

  • 特集
  • シリーズ

最新ニュース

インフラを通して振り返る「平成」 四国の港や町の再開発の歴史をまとめたパネル展 高松市

04月16日 16:45

 橋や港、道路などの「インフラ」を通して「平成」という時代を振り返るパネル展が、高松市で開かれています。

 四国地方整備局などが開いているパネル展では、四国の港や町の再開発の歴史などをまとめたパネル約20枚が並んでいます。
 展示されているパネルの中には、瀬戸大橋など本州と四国を結ぶ3つの橋と四国の高速道路網についてまとめたものがあります。1985年に愛媛県で四国初の高速道路が開通して以降、高速道路網は広がり続け、京阪神などとの物流が活発になりました。
 このほかのパネルでも「平成」の時代を中心に、四国がどう変わったのかを学ぶことができます。

(四国地方整備局広域計画課/西山修 課長)
「平成の30年間で、多くの道ができたり皆様の生活が変わったと思いますけど、今一度みなさまの立場で何が変わったか振り返っていただくきっかけに、していただきたいと考えています」

 このパネル展は、4月22日までJR高松駅で開かれています。

該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。
該当するニュースは存在しません。

特集

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。

【特集】西日本豪雨で被災 現実と向き合う写真家 岡山・倉敷市

2020年06月01日 18:50

 倉敷市真備町で数十年にわたって橋の上から写真を撮り続けている男性がいます。多くのものが失われた西日本豪雨から7月で2年。
 仮設住宅での生活、入院と退院、そして家族の死。受け入れがたい現実と向き合いながら前を向く写真家を追いました。

シリーズ

  • 高知白バイ衝突死
    2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。
  • 高校生と見つける私たちのSDGs
  • 世界のためにできること
    貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。私たちができる「国際協力」について考える。
  • 小さな駅の物語
    岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

LINE友だち追加

  • KSB岡山ニュースと友だちになる
  • KSB香川ニュースと友だちになる

ニュース番組ページ

  • KSB スーパーJチャンネル
  • KSBニュースView
  • 報・動・力
  • グッドモーニング
  • 羽鳥慎一モーニングショー
  • スーパーJチャンネル
  • 報道ステーション